9月24日(火)に袋井市立周南中学校で理科実験講座を行いました。

 

9月24日(火)に袋井市立周南中学校で理科実験講座を行いました。

本学の物質生命科学科の山庄司教授が「光る細菌で毒物をみつける」と題して実験を行いました。

今回の実験では発光性のある細菌に毒物や身近にある薬品を混ぜ、細菌を死滅させる確認をしました。暗闇の中で光を失っていく様子に中学生はびっくりしていました。

その他にも、光る細菌で描いた「袋井」の文字には驚きました。

また、熟れていない緑色のトマトにはトマチンという毒が含まれている話は、勉強になりましたね。終始興味津々となっている中学生がとても印象的でした。