【総合情報学部 玉真昭男】 雪は恐い。いいよ~ 雪の降らない静岡理工科大学!!

春になったのに、今頃何を言っているの? とお思いでしょうが、・・・

今年(2014年)の2/14(金)~16(日)に掛けて、関東から東北まで記録的な大雪になりましたよね。あのとき、私は東名高速に20時間以上閉じ込められました!御殿場-厚木間、普通なら30分で出られるところが19時間掛かりました。

◎恐~い、実体験
2/14(土)、大学のある袋井市から自宅のある神奈川県厚木市に東名高速を使って帰った時のことです。雪の予報が出ていたので、その日はいつもより早く大学を出て、昼過ぎには掛川ICから東名高速に入りました。約1時間半後、御殿場の少し先のところでチェーン規制になりました。

チェーンなんて今までに2回しか着けたことがないのでこれが大変。装着が簡単なプラスチック素材のチェーンにしていますが、ジャッキアップした方が速いのでまずそうしていたら、後ろのトラックのお兄さんが窓を開けて話しかけてきました。高齢者だし、手伝ってくれるのかなと思ったら、「あの~、その車はFFなので、チェーンは前の車輪に着けた方が良いと思うのですが・・・」
→「あっ、そうでしたね~。」と照れ笑い。忘れていました。

車には簡易ジャッキしか付いていなかったので、面倒なジャッキ操作を繰り返し、片側の装着が終わったのが1時間後。寒い中で続いて反対側の装着。プラチェーンは寒いと固くなって伸びないので扱いが面倒ですよね。結局もう1時間、計2時間掛かってこちらも終わりました。

更に2時間以上して前が空いたので、やっと動き出せる状態になりました。前の車両が作った轍の上を走るしか無いので、時速10~15kmしか出せません。超ノロノロ運転です。普通なら30分しか掛からないところを約6時間掛かって厚木ICに着いたとき、出口の車の列は1kmちょっとだったので、ホッとしました。これならすぐ出られると思いました。が、これが大間違い。そこから100m進むのに1時間ずつ掛かり全然進まない。3時間半掛かって夜中の1時にやっと料金ゲートから200mの所に着きました。

もうすぐに出られる、と思ったけどこれもまた大間違い!ここからが大変、全く動かなくなりました。前の車両が進んだら動かなくてはならないので、寝る訳にも行かない。しかし、好都合だったのは、この時間帯がちょうど男子フィギュアスケートのフリーの時間帯でした。3時頃だったか、羽生君の演技と金メダル獲得の様子をラジオで聞くことが出来ました。拍手しましたね。 ←この一連の体験はまさにドラマ、ですよね。

結局、朝の10時なっても動きませんでした。朝になって分かったのは、立ち往生する車が多く、下の道が全く動いてないからだそうです。

朝11時頃になって、料金ゲートを通過できた後は一直線に平塚方向に向かい、県道を通って厚木市内に入りました。雪はどこも積もっていましたが、車輪の幅は片付けられていたので、スムーズに市内に入れました。

雪は本当に、本当に、本当に、恐いですね~。

◎雪の降らない、静岡理工科大学はいいよ~
宣伝が最後になってしまいましたが、雪の全く(ほとんど)降らない地域にある、静岡理工科大学はいいですよ~。この辺の人は冬になっても車にチェーンを積みません。みんな持っていないのです。

年に1度位、夜中にうっすらと雪が積もることがあります。そうなると、坂とは思えないようなところで立ち往生している車もあります。その程度の雪被害ですね。

[教訓と今後の対策] もっと詳しい体験情報を別のところに載せています。トイレ対策、今後の備えなど役に立つ情報が満載です。是非こちらもご覧下さい。