6月21日(土)13:30から 「世界に誇る日本の技術」をテーマに第2回公開講座を開催しました。

 

6月21日(土)13:30から 「世界に誇る日本の技術」をテーマに第2回公開講座を開催しました。

143名の参加者がありました。

第1部は、本学の物質生命科学科の小林久理眞教授が「先端産業を担うレアアース磁石とは?」と題して講演を行いました。

 

第2部は、浜松ホトニクス株式会社営業本部国内統括部渉外グループ主任部員の犬塚智也氏が「ヒッグス粒子の発見と浜松ホトニクスの技術・貢献について」と題して講演を行いました。

 

 

2名の講師から、専門的な話や、日本の技術力の高さをわかりやすく説明いただきました。

受講者からの質問も多数寄せられ、大変賑やかな講座となりました。

 

改めまして、ご来場された皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。