第5回静岡理工科大学留学生日本語弁論大会

7月16日(水)、第5回目となる留学生日本語弁論大会が開催されました。

今回は、A部門(母国で日本語を専門に学んでいる学生およびA部門挑戦者)にて6名、B部門(母国で日本語を専門に学んでいない学生)にて4名のエントリーがありました。

「おもてなし」「思いやり」「天気予報の違い」「風呂敷文化」「挨拶」「乾杯の違い」など、留学生活におけるエピソードが語られました。

この留学生活での体験をとおして、広い視野で物事を見つめ、心を養っていることがわかる素敵な弁論大会でした。

 

参加者の皆さん、お疲れ様でした。

また、来学いただきました地域の皆様、今後も本学の国際化にご協力を宜しくお願いいたします。