物質生命科学科山崎准教授が袋井北小学校で理科実験講座を開催しました。

10月31日(金)、物質生命科学科山崎准教授が袋井北小学校で4~6年生19名を対象に

「低温の世界で遊ぶ」をテーマに理科実験講座を開催しました。

パワーポイントで実験手順や酸素の性質について学んだ後、液体窒素でグミ、マシュマロ、こんにゃくゼリーやシャボン玉などを

一瞬で凍らせる実験を行いました。参加した子供達は、一瞬で凍った食品を観察し、味わいました。皆さん大喜びでした。

静岡理工科大学では地域貢献活動の一環として、可能な限り小学校や中学校に出向き、このような理科実験講座を行っています。

本学で行うことも可能です。ご希望される場合は、総務課へお問合せ下さい。

対応できる内容を記載した出張・体験講義テーマ名リスト(http://www.sist.ac.jp/lec/000009.html)もホームページで公開しています。