Rikejo Cafe:次代を担う若者たちによる県民会議への出席

1月12日(火)、Rikejo Cafeリーダーの川崎真依さん(2年人間情報デザイン学科)が「次代を担う若者たちによる県民会議」に出席しました。

 

現在、静岡県では人口減少に対する取り組み、新しい地域社会づくり、社会経済の持続的成長など様々なことを課題とし活性を図っているなか、世代間の繋がりが必須となっています。

今回、次代を担う若者代表として、県内大学、他県の大学からも学生が集まり、若者の視点での施策アイディアが交わされました。

 

今回の出席を楽しみにしていた川崎さんは、昨年度Rikejo Cafeで取り組んだ静岡県少子化対策事業を踏まえて、生活情報の窓口となるウェブサイトの構築や子育て教育サポートを提案し、どの世代もがそこに関わることのできる工夫を盛り込みたいと下準備していました。

 

会議を終え、参加者が専門、得意とする分野でアイディアが挙がりまたひとつ視野が広がったのでは?

 

今後、継続して開催されるこの会議を好機とし、横の繋がりを強め、この静岡県を中から支えられる層になってもらえたらなと願います。