新校舎(建築学科)の建設状況を空撮

機械工学科では、小型無人航空機(ドローン)を使用して、

建築学科新校舎の建設状況の空撮実験を行いました。

航空法を順守し、大学と工事の休日に実施しました。

(AGL:135m)

新校舎の外壁が曲線でデザインされている様子がよく解ります。