適応システム研究室が始動します

01-lab_panel

初めまして。2016年4月から、コンピュータシステム学科の講師として着任した、高野敏明ともうします。今年の10月から新しく「適応システム研究室」を開くことになりましたので、ご報告です。

適応システム研究室では、主に人工知能を対象とした研究を実施していきます。人工知能もすそ野まで含めると幅が広いので、主に学習するシステムを主軸においています。9/11のオープンキャンパスでは、こっそりと研究紹介もしておりました。紹介していた内容は、「ディープラーニングを用いた画像認識」です。

具体的には、近年のはやりのCaffeというモジュールを用いて手持ちの画像を認識させて見ました。実行結果はペリカンの写真画像を見せたら、ペリカンの可能性が高いと認識してくれました。

画像2.ディープラーニングを用いた画像認識

他には、僕の自撮り写真画像を読み込ませたら、「ipod 21.2%,medicine chest 11.0%,Band Aid 6.1%・・・」と認識されました(ToT)。人工知能は学習していない画像に対応するのは難しいということですね。他にも,横スクロールアクションゲームに強化学習(人工知能の一手法)を取り入れてみた研究もしていました。

画像3.高野敏明,自撮り写真画像

10月から研究室を稼働させていきますので、これからよろしくお願いします。

 

雑記:学食で販売されている「チーズドーナツ」が結構胃袋にずっしりときますが、とろ〜りチーズが何とも言えず、美味しかったです。それでは(^ ^)ノシ