【情報学部】論文調査-適応システム研究室-

どうも,情報学部:コンピュータシステム学科の高野です.

 

学生の研究活動がスタートしました.

今回は第一歩として,論文調査をしました.

学生が興味を持った論文や特集記事を探してもらい,その内容をプレゼンするというものです.

期間は3週間でした.

 

学生達が調べた論文は

[1] 山口ら, “車載カメラ映像の深層学習による都市名の推定” 生産研究, Vol.68, No.2, pp.115-121,2016.
[2] 鳥海ら, “人狼知能サーバの構築” The 19th Game Programming Workshop2014, pp.127-132, 2014.
[3] 河原達也, “音声対話システムの進化と淘汰–歴史と最近の技術動向–” 人工知能学会誌, 28(1), pp.45-51, 2013.
[4] 保住ら, “Webマイニングを用いたコンテンツ消費トレンド予測システム” 人工知能学会誌, 29(5), pp.449-459, 2014.
[5] 遠藤雅伸, “ディジタルゲームにおける’AI’の役割” 情報処理 53(2),pp.146-152, 2012.
[6] 藤井ら, “生物学的制約の導入によるビデオゲームエージェントの「人間らしい」振舞いの自動獲得” 情報処理学会論文誌, Vol.55, No.7, pp.1655-1664, 2014.
[7] 田中ら, “ニューラルネットワークを用いた指紋認証システムの構築と性能評価” Journal of Signal Processing, Vol.17, No.1, pp.1-9, 2013.

でした.初めての文献調査に戸惑いつつも,人工知能の可能性について触れることができたのではないかと感じましたね.

今後の活動も楽しみです.

ではでは(^ ^ノシ