【コンシェルジュ】 静岡産業大の図書館サポーターと交流しました

DSC00582

1月17日(火)に、藤枝市の静岡産業大学情報学部(以下、産業大)さんの

図書館を訪問し、図書館サポーターの取材をさせて頂きました。

静岡理工科大学とは違った雰囲気の図書館で、驚きの連続でした!

 

産業大には、本学のコンシェルジュとは活動趣旨の異なる「図書館サポーター」が存在します。

SIST図書館コンシェルジュの業務内容として主に学習相談をおこなっていますが、

産業大の図書館サポーターは、司書業務の補佐や選書活動をメインに活動しているそうです。
(司書より補足:活動内容や立場はLAに近いと思います)

 

DSC00576

<アクティブラーニングスペースで情報交換>

まず館内を見学させて頂いたあと、アクティブラーニングスペースで

サポーターのみなさんと交流を行いました。

図書館コンシェルジュの活動紹介をすると、

学習相談や図書館総合展への出展などの活動に興味をもってくれたようです。

 

<産業大図書館サポーターの活動紹介>

DSC00556 DSC00558

     <左>図書館サポーターの選書コーナー       <右>写真部とのコラボコーナー

図書館サポーター選書コーナーの隣に、

サポーターのおすすめ小説の一場面を表現するような写真を

写真部の方に撮影してもらうという、コラボコーナーを開設しています。

ぜひ、本学でも実施してみたいと思いました!

 

DSC00563

<入口のすぐ近くにある “ささや木” >

図書館サポーター考案の「ささや木」は、図書館に来館した一般学生のオススメ本を

葉っぱの形の紙に書いて貼り、1本の木をつくるというもの。

その本を実際に図書館の蔵書として購入したり、本をおすすめし合ったりすることで、

来館者がもっと増えればいいな、と考えているそうです!

 

<図書館内の紹介>

DSC00555 DSC00564

産業大の図書館は、図書館内に美術館があったり、「ささや木」の近くには娯楽的なコーナーがあったりして、

とても新鮮に感じました。

 

今回、他大学を訪問するという初めての試みでしたが、

楽しく、あっという間に時間が過ぎてしましました。

同じように図書館に携わって活動しているとはいえ、

やはり、活動内容はそれぞれの個性があるのだと実感し、大きな刺激になりました!

取材にご協力いただいた静岡産業大学図書館の皆さま、誠にありがとうございます。

 

さて、後期も終わりが近づき、図書館コンシェルジュの活動期間も残り僅かです。

ブログの更新も、今回が2016年度最後となります。

今までお付き合い頂き、ありがとうございました!

 

 

@sist_con Twitter更新中!
ブクログでコンシェルジュによる2016年度後期選書のレビューが見られます!

 

ブログ担当 白石・矢野