機械工学科 研究室紹介 熱流体エネルギー研究室

皆様こんにちは、機械工学科です。昨年度より定期的に各研究室の紹介をしています。

4回目は、本年度より機械工学科の学科長を務める、桜木先生の研究室です。

桜木 俊一教授の研究室「熱流体エネルギー研究室」では、『熱・流体工学の未踏領域に挑む』を命題に、2017年度は6名の卒業研究生(学部4年生)と大学院生1名(M1)が在籍しています。

学部生と院生の研究テーマは、

1.     生物翼の特性研究

2.     静岡空港周辺の気流に関する研究

3.     食品流体の粘性と流動性に関する研究

4.     サイドインジェクション方式ジェットポンプの流動特性

5.     チャネル流れの熱伝達機構に関する研究

です。

それでは、研究室の様子を紹介していきます。

各研究室で前期に開催されているセミナーですが、桜木研究室では英語の文献による研究内容を学生が順番に翻訳説明しています。エンジニアにとって英語力は大切ですね。

本年度の卒業研究もスタートしたばかりですが、桜木先生が個別テーマごと丁寧に指導をしています。

また、桜木研究室では、学生の学外での研究発表にも積極的に取り組んでいます。

桜木研究室の詳細は、下記アドレスでも紹介されていますので、ご参照ください。

http://www.sist.ac.jp/me/sakuragi/newpage2.html