機械工学科 研究室紹介 機械力学研究室

皆様こんにちは、機械工学科です。定期的に研究室の紹介をしています。

第6回目は感本(ミナモト)先生の研究室です。

(タイトル写真は英語の文献を輪読するセミナーの様子です。)

感本 広文教授の研究室「機械力学研究室」では、『物体の衝突現象を科学し、利用と安全性の向上を目指す』を命題に、2017年度は6名の卒業研究生(学部4年生)が在籍しています。

学部生の研究テーマは、

1. スプリットホプキンソン棒法に関する研究

2. 二重円管の衝撃座屈に関する研究

3. 薄肉角管の衝撃座屈に関する研究

4. SPH法による圧縮シミュレーション

5. 2球の衝突シミュレーション

6. 3球の衝突シミュレーション

です。

座屈(ざくつ:Buckling)とは?

構造物に加える荷重を次第に増加させたときに、限度を超えると急激に変形が増大する現象です。

それでは、研究室の様子を紹介します。

各研究室で前期に開催されているセミナーですが、感木研究室でもタイトル写真のように、力学に関する英語の文献を学生が順番に翻訳し解説しています。やはりエンジニアにとって英語力は大切ですね。

角管・円管の衝撃変形実験とその解析(卒研テーマの2及び3)

衝撃応力波の伝播を計測中(卒研テーマの1)

一般に材料の力学特性は、荷重速度によって変化します。衝突安全には、衝撃荷重下での力学特性の把握が不可欠となります。

 

感本研究室では、学生の学外での研究発表にも積極的に取り組んでいます。

また、7月・8月・9月のオープンキャンパスでは研究室見学もできますので、興味のある方はぜひ見学に来てください。

感本研究室の詳細は、下記アドレスでも紹介されていますので、ご参照ください。

http://www.sist.ac.jp/me/minamoto/