情報学部|ラグビーワールドカップ応援サイネージ制作中

袋井市にあるエコパスタジアムでは、2019年にラグビーワールドカップの開催が予定されています。これを受け、情報メディア設計研究室では、ラグビーワールドカップの認知向上を目的としたコンテンツの開発を進めています。
10月26日、そのプレゼンのため、研究室メンバーで袋井市役所を訪問しました。プレゼン内容は好評を得ることができ、12月末から袋井市ロビーでの公開を目指して、開発をすすめることになりました。

がんばります!