【クラブサークル紹介その10】科学実験工房

本学には様々なクラブサークル団体があります。
日々の活動について少しずつブログにて紹介していきたいと思います。

【クラブサークル紹介その10】科学実験工房

Q1.どんな活動をしていますか?
普段の活動は、部員の興味がある実験を行っています。
実験案を挙げて、実験内容について話し合い、実験に必要な物を準備します。
このときに、実験内容を考える上で分からないことがあったら教授の方々に相談してアドバイスをもらっています。
また、実験の結果や原理から知識を深めるために部員の前で原理説明を行ったり、部員と実験結果を考察しています。
また、年に数回、静岡市にある科学館「るくる」の科学イベントに主催者側で参加します。その準備として、検証実験を行います。
当日は実験を通して子供たちに科学を楽しんでもらっています。

Q2.このクラブサークルに入部した理由を教えてください。
私は授業で行う以外の実験を自分の好きなように行いたいと思い、このクラブサークルに入部しました。
折角大学に入学したのだから授業以外での活動をしたいこともあったのでこの科学実験工房が条件を満たすサークルでした。

Q3. このクラブサークルの魅力は何ですか?
自分の好きなように実験ができることです。自分の学科でやらない実験を行って知識を広めたり、授業で学んだ知識を深めるために実験を行うこともできます。
勿論、自分の興味のある実験を行うこともできます。
やはり個人で実験を行うことは難しいと思いますので、科学実験工房は実験を行う機会を作れる場だと言えます。
さらに科学館でのイベントに参加することもできるので普段ではできない経験もできます。
これはボランティア活動等の外部での活動をしたいと思っている、けれど何をしたらいいか分からない人には絶好の機会だと思います。

Q4.活動頻度を教えてください。
基本的には週に1回、毎週火曜日に行っています。
活動頻度としては少ないと思いますが、部員が課題やバイト、さらには他のサークル活動や学生団体の活動をしていることを考慮し、無理のない範囲で参加してほしいという考えです。

Q5.最後にサークルのPRをお願いします。
授業で行う実験ではできることは少ないし、そもそも実験そのものを行わない学科もあります。座学で知識を学んでも、実際に使えなければ何の意味もありません。
実験は自分の知識を活かして行うものなので座学で学んだ知識を使う良い機会になると思います。といっても、必ずしも大学の知識を活かした難しい実験を行う必要もありません。
身近なものでできる簡単な実験でも構いません。実験の原理を深く学ぶことや実験結果を考察することでも自分の知識を活かすことはできます。実験を通すこと学べることもあります。
何事もやってみなければ始まりません。実験好きは大歓迎、何かしらやっておきたいという方でも大丈夫です。是非科学実験工房へ来てください。