【コンシェルジュ】話し方講座を開催しました!

こんにちは、図書館コンシェルジュです。

前期の授業も残すところ約2週間で、前期のブログ更新も今回の記事を含め残り2回となりました。

今回の記事では7月5日、6日に開催した話し方講座についてご紹介します。

話し方講座は「就職活動などで活かせる、正しい敬語を身につける」という目的で開催されました。

突然ですが、この記事をご覧になっている皆さんは日常生活で正しく敬語を使えていますか?

今回は、講座で取り上げられた敬語を例にしながら紹介していきたいと思います。

学生の皆さんにとって一番身近な目上の方と言えば、大学の先生方ですよね。皆さんは、先生方と話すときに、「参考になりました」や「分かりません」など敬語のように聞こえますが、実は失礼と受けとられかねない言葉を使っていることはありませんか?

「参考になりました」という言葉の「参考」は「方法や意見を、自分の考えの足しにする」という意味があるので、目上の方に対して使うのは適切とは言えません。この場合は、「勉強になりました」と言い替えることで相手に対して失礼なく言うことができます。

また、「わかりません」という言葉の「ません」は助動詞「ます」の未然形に打消しの助動詞「ぬ(ん)」がつけられた、丁寧な打消しの表現方法です。つまり、「分かりません」という言葉は、敬語では無いため、「存じ上げません」「わかりかねます」と言い替えるようにしましょう。

このように、改めて考えると意外と難しい敬語の使い方を学びました。

それでは、講座の様子をご覧ください。

ホワイトボードを使って分かりやすく敬語について解説しています。

配布資料に書かれているクイズを参加者のみなさんが解いています。皆さん真剣に取り組んでいますね。

なんと、今回の講座終了後、受講して下さった人から握手を頂く事が出来ました!

敬語に関してコンシェルジュメンバーも理解しきれていない部分もあり、その影響で厳しい意見も頂きましたが、この講座を通して主催者側も参加者側も敬語に関する意識を今まで以上に高めることができたと思います!

本講座に参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました!!

 

前期は残り僅かですが、最後にもうひとつコンシェルジュのイベントを予定しています。

内容は「プレゼン講座」です。

相手に伝わりやすいスライドの作り方から、プレゼンする際の話し方などを丁寧に解説していきます。

人前で話すのが苦手な方も、上手にプレゼン資料をまとめたい人も、是非参加して下さい!

 

@sist_con Twitter更新中!
ブクログでコンシェルジュによる2017年度後期選書のレビューが見られます!

ブログ担当 黒田・牧野