オープンキャンパスにおいて研究成果の展示(電気電子工学科)

2018年7月29日(日)、8月19日(日)にオープンキャンパスが行われ、電気電子工学科では、全ての研究室がやらまいか創造工学センターに集まり、日頃の研究成果の展示や、実際の機器を用いた実験体験が行われました。

当日は研究室所属の学生が主体となって、日頃の研究成果の紹介や、実際の装置を用いた実験・デモンストレーションを行いました。もちろん、日頃の講義や研究室での様子など、大学生活全般についても、先輩に直接聞くことができるとても良い機会にもなりました。

学科説明会においては、あらゆる分野を支え、パーソナルモビリティ、IoT、医療・福祉、宇宙開発など、その活躍はますます広まりつつある電気電子工学の意義や、研究成果をフィードバックしたアクティブラーニングの試みなど、本学科の面白さ・先進性を発信しています。

また、模擬講義もたくさんの方々に参加して頂きました。7月29日は「AI(人工知能)のある暮らしを実現する、電気電子工学の潜在力」、8月19日は「地球を守れ!さらに進化する近未来の太陽光発電システム」と題し、講義が行われました。どちらも、今後社会を持続させて行くためには必須、かつ次世代の技術を学ぶことができました。一方、これに引き続いて、さきがけ研究室-電気電子工学研究体験-も行なわれましたが、その報告は次回に。

次回9月9日(日)のオープンキャンパスが本年度、最後となります。既に学校が始まっていますが、日曜日開催ですので、大学を知ることができる最後の機会、是非お越しください。また、模擬講義は「1と0が作る次世代音響技術」、さきがけ研究室は「ノイズキャンセリングヘッドフォンを作ろう」です。まるでそこにいるような音場を体験したい、音楽に興味があるなど、音好きの皆さん、是非!!