物質生命科学科|小土橋 陽平 講師, 工藤 遥子(修士2年), 小野 準矢(2016年度卒 学士)らの論文がPolymer誌に掲載されました

物質生命科学科 小土橋 陽平 講師, 工藤 遥子, 小野 準矢が, ポリビニルアルコール(PVA)を簡便に機能化するためのシステムを開発しました. PVA, 世界で年間500万トン生産される高分子であり, 包装フィルムや化粧品など身の回りの様々な場面で利用されています. 応用分野をさらに拡張する為, PVAの性質を制御する機能化が注目されています. しかしながら, PVAはその構造上機能化が難しく, 多段階の有機反応や紫外線処理などが必要であり, 高コストになってしまいます. これを解決する為, ジオール基と可逆的に結合可能なベンゾオキサボロール基含有高分子に着目しました. ベンゾオキサボロール基を含有する高分子をPVAに混合するだけで, 機能化を行うことができます. 操作が簡便で, 危険な溶媒や特殊な装置を必要とせず, 既存の生産ラインと同等のコストにて機能性PVAを製造することが可能です. 本論文では, PVAフィルムに温度応答性やpH応答性を付与することに成功しました. フィルム形成は, ベンゾオキサボロール基とPVAのジオール基の可逆的な共有結合に起因します. 本技術を拡張することで, PVAに光や磁場, , 特定分子などに応答するPVAフィルムを調製することが可能です. 本材料は, 様々なセンサーとしての応用が可能であり, IoT社会を支える基盤技術となりえます. また生体適合性が高いことから, 医療分野への応用が期待されます. 本研究の一部は, 科研費(若手B: 16K16402), 文部科学省 地域イノベーション・エコシステム形成プログラムにより遂行されました. 本研究成果はPolymer誌に掲載されました. (https://doi.org/10.1016/j.polymer.2019.04.074)