機械工学科 ドローン・プログラミング体験教室に協力

 

 

      ドローンの飛行原理を説明する増田教授

みなさまこんにちは、機械工学科です。
2019年9月14日(土)に藤枝市生涯学習センターにてFCSS藤枝宇宙科学教室として、ドローン・プログラミング教室が開催されました。藤枝市教育委員会より依頼を受け、機械工学科 増田 和三教授と宇宙航空工学研究室の大学院生と4年生が支援を行いました。

     参加者全員で小型ドローンによる記念撮影を実施

本教室は、小学校5・6年生を対象に年間を通じで宇宙や科学に関して学びながら、科学教育の向上を図ることを目的としています。今回は、室内用の小型ドローンを利用して、増田先生や研究室の学生らの指導を受けながら、ドローンの飛行原理を知り、自由に配置した4色のマーカーを順番に飛行して、離陸位置に戻るという課題の飛行ルートプログラムを作成していきました。

 

   飛行ルートを決めて移動の距離や向き、角度を計測します

    計測した数値を基に飛行プログラムを入力していきます

   確認飛行を行いプログラムの修正や再計測で精度を高めていきます

     プログラムの完成を目指して飛行実験を繰り返します