物質生命科学科|南齋研究室の院生の研究がAOSS 4thにてBest Poster Awardを受賞しました

9月19-21日に南京大学で行われた第4回アジア-オセアニア超音波化学会Asia-Oceania Sonochemical Society (AOSS)において,物質生命科学科の南齋准教授が発表した「超音波が生み出す数千度・数百気圧の微小気泡反応場の界面領域について」が高く評価され,Best Poster Awardが授与されました。本発表は,南齋研究室の修士2年生である鈴木誠也さんと共に進めてきた研究内容に関するものです。

南齋准教授の研究室のホームページはこちら