地域学 表彰式のご報告

10月8日(火)に地域学の表彰式が行われました。


「私たちが暮らす2025年のふくろい」をテーマに発表を行い、
袋井市の発展を見据えた「女性の住みやすい」街づくりを発表したCグループが市長賞

「観光を盛り上げよう!」を発表したBグループが学長褒章を受賞しました。

Cグループは女性が住みやすく働きやすい環境を整える必要性を訴え、女性向けの福利厚生が充実した企業の誘致・支援など女性の転出を抑制し、新たに女性を呼び込む方策を提言しました。

Bグループは観光スポットへの公共交通機関や宿泊施設の不足など、本市が抱える課題について、本市の特産物の活用や健康づくりの視点を持った事業を実施することで、市外から観光客を呼び込む施策を提言しました。

表彰式には袋井市の原田市長、本学からは野口学長が参加し、受賞した2グループが表彰を受けました。

表彰前には受賞したグループの発表が披露されました。
両グループとも自信を持って発表している姿がとても印象的でした。
市長からもお褒めの言葉や今後の課題をいただき、学生たちも改めて袋井市を考える機会となりました。

表彰された学生の皆さん、おめでとうございます。