グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 地域交流・公開講座 > 公開講座

公開講座


令和 2 年度 第 2 回公開講座【開学30周年記念事業】

「令和 2 年度 第 2 回公開講座~くすりを『創る』・『患部に届ける』を科学する~」を開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。
イベント概要
日  時 令和 3 年 1 月 30 日(土) 13:30 ~ 16:10
開催形式 オンライン開催(ZOOMによる配信)
参 加 費 無料
定  員 100 名
申込方法 メールフォーム「イベントお申込み」からお申込みください。
申込締切:令和 3 年 1 月 25 日(月) ※定員になり次第、締め切らせていただきます
主  催 静岡理工科大学

プログラム

13:10~13:30 受付
13:30~13:40 開式
13:40~14:40 第1講演
14:50~15:00 休憩
15:00~16:00 第2講演
16:00~16:10 閉式
【講演1】「生きた薬を創る~最新の創薬科学~」
<講 師> 名古屋大学大学院 創薬科学研究科 准教授 加藤 竜司 氏
近年の科学技術の発展から創薬の現場は大きく変化しつつあります。これまでの薬では治療できなかった病気やケガを治すことができる新しい医薬品として、「生きた薬」として『細胞』が注目されています。これは、私たちの体の中でもともと機能している細胞を、人工的に体外で大量に作りだして医薬品として提供しようという最新の科学です。本講演では、生きた薬がもたらす新しい薬の未来と、その研究における難しさやおもしろさについてわかりやすくお話したいと思います。
【講演2】「薬を患部に狙って届ける『ドラッグ・デリバリー・システム』について」
<講 師> 静岡理工科大学 理工学部 物質生命科学科 准教授 小土橋 陽平

ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)とは、必要な薬を必要な時間に必要な部位で作用させる為のシステムです。薬の効果を最大限に引き出し、結果として注射や薬を飲む回数を減らしたり薬の副作用を少なくしたりすることが可能です。我々はDDSを実現する為、薬の内包や放出を制御可能な様々な高分子(プラスチック)材料を開発してきました。ゼリー状のものや血管を通れる位小さなカプセルなど形状も様々です。薬と理工学の融合について一緒に考えましょう。

受講方法

開催日が近づきましたら、申込書に記載のメールアドレスへと本公開講座受講用のURLを送信いたします。メールの受信制限をされている場合は、送信元【@sist.ac.jp】からのメールが受信可能となるよう、設定をお願いいたします。
なお、参加人数に限りがあるため、お申込者以外の方へのURLの共有はお控えください。

【初めてZOOMを利用される方へ】
◆ZOOMアプリのダウンロードは任意です(ブラウザでもご視聴は可能です)。
 PC版ZOOMアプリはこちらでダウンロードできます。
◆ブラウザはGoogle Chromeが推奨されています。ダウンロードはこちらから。
◆スマートフォン(iPhone/Android)から参加される方は、ZOOMアプリのインストールを推奨します。
 【インストール方法】
  App StoreまたはGoogle Play(Playストア)で「ZOOM」と入力して検索し、「ZOOM Cloud Meetings」を
  ダウンロードします。
◆お持ちのPC、タブレット、インターネット環境がZOOMの視聴に対応しているか、事前にご確認ください。

お問合せ

〒437-8555 袋井市豊沢2200-2
静岡理工科大学 事務局社会連携課
[ TEL ] 0538-45-0108 [ FAX ] 0538-45-0110 [ e-mail ] shakai@sist.ac.jp

令和 2 年度 第 1 回公開講座【開学30周年記念事業】

「令和2年度 第1回公開講座~健康づくり・福祉~」は終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
イベント概要
日  時 令和 2 年 10 月 31 日(土) 11:00 ~ 11:55
開催形式 オンライン開催(ZOOMによる配信)
参 加 費 無料
定  員 40名
主  催 静岡理工科大学
後  援 袋井市/袋井市教育委員会/静岡新聞社・静岡放送/中日新聞東海本社/静岡理工科大学産学コラボネット