グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 地域交流・公開講座 > 公開講座

公開講座


令和元年度「第2回公開講座」を以下内容にて開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。
令和元年度 第2回公開講座
開催日時 令和元年8月3日(土) 13:30~16:00 ※受付開始12:40
講演テーマ ウナギと静岡県-身近なのに謎の多いウナギの研究について-
講演1 内容 「静岡における種偽装解明からウナギ科学へ」
20年前に企業の依頼で、その頃業界を悩ませていた種偽装問題に対処しようと、ウナギ種DNA鑑定法を立上げました。本当にニホンウナギかDNAでチェックします。この開発でニホンウナギ多数のDNAを調べ、個体により遺伝子の一部に高頻度の違いを見出しました。続いて他遺伝子を大量解読した結果ニホンウナギは遺伝的に異なる2集団からなり川/海ウナギの違いらしいことがわかってきました。ニホンウナギ全体の絶滅が回避できれば、遠い将来亜種が誕生するかもしれません。
講師 静岡理工科大学 理工学部 物質生命科学科 教授 常吉俊宏
講演2 内容 「うなぎ 研究と食文化」
ウナギは謎の多い生き物と長い間いわれてきたが、近年の研究の目覚ましい進歩によってその謎は次第に明らかになってきた。一方で人は古くからウナギを食資源動物として利用してきており、豊かな食文化が花開いている。しかし、ウナギの資源は今急激に減少し、早急に適切な対策が必要となっている。ウナギで有名な静岡県とウナギの関わりを紹介し、今後も私たちがウナギを食べ続けられるようにするにはどうしたら良いか、共に考えてみたい。
講師 東京大学 農学生命科学研究科 名誉教授・特任教授 塚本勝巳 氏
希望者のみ参加 内容 「うなぎのつかみどり体験」
※参加をご希望の方はバスタオルをご持参ください。
※うなぎを持ち帰ることはできません。
会場 静岡理工科大学 学生ホール3階 300講義室
参加費 無料
申込方法 「イベントお申込み」からお申込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
定員 250名
主催 静岡理工科大学
お問合せ 事務局社会連携課
[TEL] 0538-45-0108 / [E-mail] shakai@sist.ac.jp
その他 ◇駐車場は大学内にご用意しています。
◇愛野駅と大学間の無料バスを運行します。
【行き】愛野駅南口 13:00発 → 大学 13:05着
【帰り】大学 15:35発 → 愛野駅南口 15:40着
       15:50発 →       15:55着
       16:05発 →       16:10着
※本学ホームページからお申込みされる場合については、イベントお申込フォームの「ご質問・ご相談」欄にご記載ください。(先着順で受付いたします。)