グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > News&Topics > 建築学科の新校舎の地鎮祭が行われました

建築学科の新校舎の地鎮祭が行われました


 3月7日に来年度4月に開設を予定している建築学科の新校舎の地鎮祭がキャンパス内で行われました。地鎮祭には大学関係者および設計・施工業者の約30名が出席、神事を執り行って工事の安全を祈願しました。新校舎は鉄骨4階建ての「学科棟」と平屋建ての「実験棟」2棟の計3棟です。来年の2月の完成を目指して建設が進められています。
 また、この建築学科は静岡県内の国公立私立大学では初めてとなります。4月に文部科学省へ学科新設の届け出を行い6月頃から学生募集を始める予定です。新学科は理工学部に設置して定員は50名を予定しています。