グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 研究力 > コミュニケーションマークについて

コミュニケーションマークについて


 静岡理工科大学(静岡県袋井市豊沢2200-2)は、2017年4月に「建築学科の新設」と「情報学部の改編」があり、静岡県唯一の私立理工系総合大学として新たなスタートを切りました。
 そこで、「研究力」をブランドコンセプトとした魅力ある大学像の発信を全学で取り組むことになりました。併せて新しいコミュニケーションマークとキャッチコピーを決定しました。

■新しいコミュニケーションマークに込められた意味は…
1 RESEARCH!(研究力)が大地となり、学生の学び舎を支え、
  そこで「専門力」、「人間力」、「若い力」を養います。
2 また、本学の専門性豊かな様々な研究施設が、「地域貢献」や「産学官連携」を推進します。
3 マーク中央に「静岡県唯一」の私立理工系総合大学を表す、数字の「1」が秘められています。
4 本学の研究力を持って、学術界や産業界で「はじまりを、つくる」。
  このキャッチコピーに集約される、新しい静岡理工科大学がスタートします。

 新しいコミュニケーションマークは、「研究力を伴う、『静岡県唯一の私立理工系総合大学』」を静岡の「S」や唯一の「1」をモチーフにあしらいシンプルに表現。専門分野に特化した「研究力」が、本学で学ぶ学生たちに輝きを与え、地域社会の未来を明るく照らす。そんな新ブランドコンセプト「研究力」をもって、地域に根ざす静岡理工科大学のイメージをデザインしました。

 さらに、親と子、教員と生徒、人と人とが向き合うことで新しい未来を築いていく姿も取り入れています。色は、思考的、機械的なイメージを伴うブルー(総合力ブルー)を採用。 「RESEARCH!」は、太いフォントで「力強さ(研究力・若い力)」を、またゴシック系で「先進性(専門性・産学連携・新しさ)」を表現しています。

 これから本学では、研究成果や産学官連携の進捗など、様々な情報発信を推進していきます。今後の本学に是非ご期待ください。