藤枝イノベーション・コモンズ

令和 2 年 10 月に、藤枝市産学官連携推進センター内に、「学校法人静岡理工科大学 藤枝イノベーション・コモンズ」を開設しました。
本コモンズでは、学校法人静岡理工科大学が擁する13の学校が本地域の皆さんと一緒になって、「産業振興・人材育成・文化振興」の諸活動を展開してまいります。

令和3年度 リカレント講座「学び直しの力」

藤枝イノベーションコモンズにて、「令和3年度 リカレント講座『学び直しの力』(全5回)」を開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。
本講座では、希望者には課題に取組んでいただき、レポートを作成、提出いただきます。提出されたレポートは担当講師が評価を行います。是非、チャレンジしてください。

※新型コロナウイルス感染拡大状況により、開催内容の変更や中止の場合がございます。

第1回「データを分析する力」

身の回りの多種多様のデータ(ビックデータ)の中で、現状において必要とするデータ、今後必要となるデータをいかに見極め、必要とするデータを分析し、業務の中に活かすべきでしょうか。今回、いくつかのデータ分析手法について理解を深めましょう。

イベント概要
日 時 2021 年 10 月 27 日(水) 14:00~17:00
会 場 藤枝イノベーション・コモンズ(藤枝市産学官連携センター内)
参 加 費 1,000円
定 員 20名
申込方法 「参加申込書」をFAXまたはメールで下記問合せ先までお送りいただくか、「専用申込フォーム」からお申込みください。
申込締切:2021 年 10 月 25 日(月)

<主催>静岡理工科大学
<協力>藤枝市・静岡産業大学 <後援>藤枝商工会議所・岡部町商工会

「令和3年度 リカレント講座(第1回)」 参加申込書 / 専用申込フォーム

講演内容

「教師なし学習と順位和を利用したデータの単純化と指標化」
<講師>静岡理工科大学 情報学部 講師 山岸 祐己
高度情報化社会は、情報過多社会という側面も持っており、増え続けるデータ量に対して、保存・転送・処理の問題がさらに深刻化することが予想されます。例えば、データサイエンスの要となる人工知能の入力なども、大量かつ多次元のデータを適切に前処理しなければ、学習の効率が上がらないことも知られています。今回は、時系列データを主な事例とし、重要な情報を残しつつデータを単純化する教師なし学習手法と、データの出現頻度を指標化する順位和に基づく手法を紹介します。

「物流業界における諸問題とデータ活用による数理科学的アプローチ」
<講師>株式会社鈴与総合研究所 管理部長 中村 塁 氏
通信販売業界の発展にともない、物流業界も急速な進化が求められています。輸送面ではメーカーから卸し・小売といったBtoBの大口少頻度から、BtoCへの小口多頻度輸送へとシフトし、ドライバー不足等の問題が生じています。また、保管面においても同様で、より細かな作業が必要となり、如何に作業効率を上げ、生産性を向上させるかがカギとなってきています。今回、物流業における課題の具体例と、データと数理科学を活用した解決手法の例を紹介します。また、物流業界でいわれている「定説」の数学的な検証例を紹介します。

今後の開催予定

第2回(11月24日)「無人航空機がもたらす力」
第3回(11月26日)「脱炭素社会実現に向けての提案(仮)」
第4回(11月29日)「食の安心・安全を管理する力~HACCPを通して~」
第5回(12月)「デジタル化推進(DX)によって目指すこと(仮)」

お申込み・お問合せ

学校法人静岡理工科大学 藤枝イノベーション・コモンズ
TEL:0538-45-0108/FAX:054-639-7165/E-mail:shakai@sist.ac.jp