ふくろい産業イノベーションセンター

時代の変化に適応した「稼ぐチカラ」のある 中小企業の成長を支援

人口減少などに伴う国内における生産需要の掘小をはじめ、EV(電気自動車)化や自動運転、AI(人工知能)や5G(第5世代移動通信システム)などの技術革新が急速に進展する中、地域産業の発展に向けて、袋井市と静岡理工科大学、商工団体や金融機関が連携を強化し、競争力のある中小企業の成長を積極的に支援します。

センター長ご挨拶

ふくろい産業イノベーションセンターは、袋井市と静岡理工科大学を中心に、商工団体や金融機関との連携による産学官金が一体となった支援実現のため、令和3年4月に静岡理工科大学キャンパス内に開設しました。
 本センターは、実世界でのモノやサービスがサイバー空間のソフトウェアと相互に連携する「超スマート社会」に対応する地域産業の発展への寄与をはじめ、地域産業が直面する課題を解決し、時代の変化に適応した「稼ぐチカラ」のある企業の育成を目指します。

また、静岡理工科大学の技術シーズや、中小企業の技能と地域産業を結び付け、新たな価値の創造や社会に大きな変化をもたらすことも目指してまいります。

本センターの諸活動が、「一緒に答えを探す拠り所」となり、地域の皆様の「想いをカタチにする」ための役割を担うことができるよう、取り組んでまいります。皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。

ふくろい産業イノベーションセンター センター長 小笠原 敦

センター事業

センター支援・連絡・研究体制

fukuroi_09-2 (1).png

お問合せ・ご相談窓口

ふくろい産業イノベーションセンター
〒437-8555
静岡県袋井市豊沢2200-2(静岡理工科大学敷地内)
[TEL] 0538‐45-0136 [FAX] 0538-45-0110 [E-mail] shakai@sist.ac.jp