グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




紀ノ定 保礼


氏名
氏名

紀ノ定 保礼
Yasunori Kinosada

所属
所属

情報学部 情報デザイン学科

職位
職位

講師

最終学歴
最終学歴

学位
学位

博士(人間科学)(大阪大学)

所属学会
所属学会

専門分野
専門分野

認知心理学、交通心理学

研究テーマ
研究テーマ

認知心理学、交通心理学

研究業績
研究業績

小林隆史・藤井達史・紀ノ定保礼・篠原一光・蜂須賀知理・柿崎勝(2017). 同乗者との会話によるドライバの覚醒維持とメンタルワークロードへの影響の検討. 自動車技術会論文集, 48(2) p.457-462. Kinosada, Y. & Usui, S. (2016). Predicting driver's intention based on own vulnerability: A social interaction process between road users at an inters

担当科目
担当科目

論文

  • Monocular presentation attenuates change blindness during the use of augmented reality
  • ACC車両の混在比率が異なる交通流の安全性・円滑性評価
  • 同乗者との会話によるドライバの覚醒維持とメンタルワークロードへの影響の検討
  • Predicting driver's intention based on own vulnerability: A social interaction process between road users at an intersection in Japan

著書

  • ベイズ統計モデリング―R,JAGS,Stanによるチュートリアル― 原著第2版
  • Driver Behaviour and Training Vol. V

学会発表

  • 運転支援システム搭載車両が接近する事態における交差点通過判断の検討
  • 準自動運転車両の混在比率が異なる交通流におけるドライバーの注意傾向把握の試み
  • なぜ社会経済的地位の高さは優先関係を無視した横断行動を予測するか
  • 日本語行為文の理解における視点取得
  • IT機器使用時におけるわずらわしさの研究-構成概念と関連要因の検討-

学外発表