グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




桐原 正之


氏名
氏名

桐原 正之
Masayuki KIRIHARA

所属
所属

理工学部 物質生命科学科

職位
職位

教授

最終学歴
最終学歴

大阪大学大学院 薬学研究科博士後期課程修了 薬品化学

学位
学位

薬学博士 (大阪大学)

所属学会
所属学会

日本化学会、日本薬学会、有機合成化学協会、アメリカ化学会、化学史学会、近畿化学協会、日本フッ素化学会、ヨウ素学会、日本薬史学会

専門分野
専門分野

有機合成化学、医薬品化学、グリーンケミストリー(環境調和型化学)

研究テーマ
研究テーマ

有機化学、医薬品化学

研究業績
研究業績

・シクロプロパン環の開裂を利用した新規有機合成反応の開発 ・新規有機フッ素化合物合成法の開発 ・効率的結合切断反応の開発とその有機彫刻法への応用 ・バナジウム触媒を用いた酸素酸化反応の開発 ・過酸化水素を用いた環境調和型反応の開発・次亜塩素酸ナトリウム5水和物結晶を用いた環境調和型反応の開発

担当科目
担当科目

有機化学、基礎有機化学、有機合成化学、文章表現法、物質生命科学実験、フレッシュマンセミナー、物質生命科学概論、有機反応化学(大学院)

論文

  • Aerobic oxidation of organic compounds catalyzed by vanadium compounds
  • Oxidation of disulfides with Selectfluor™: concise syntheses of thiosulfonates and sulfonyl fluorides
  • Effective cleavage of ditertiary glycols via vanadium(V) catalyzed aerobic oxidation
  • Tantalum Carbide or Niobium Carbide Catalyzed Oxidation of Sulfides with 30% Hydrogen Peroxide: Highly Efficient and Chemoselective Syntheses of Sulfoxides and Sulfones
  • Tantalum ,V, or niobium ,V, catalyzed oxidation of sulfides with 30% hydrogen peroxide

著書

  • ヨウ素の化学と最新応用技術
  • 物質と生命科学
  • Tantalum ,V, or niobium ,V, catalyzed oxidation of sulfides with 30% hydrogen peroxideV, Chloride, Electric Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis

学会発表

  • マイクロリアクターを用いるジスルフィドのNCS酸化によるチオスルホナートの合成
  • Nb(V)-塩化物イオン触媒を用いるジスルフィドの過酸化水素酸化によるチオスルホナートの合成
  • Nb(V)触媒を用いたジチオアセタールの過酸化水素酸化:1,3-ジスルホニルメチレン化合物の効率合成
  • Fe(acac)3-NaI触媒を用いた過酸化水素による脱ジチオアセタール化反応
  • シクロプロパン構造を有する抗うつ薬の不斉合成研究:触媒的不斉Simmons-Smith反応を活用したトラニルシプロミンおよびミルナシプランの不斉合成

学外発表