グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




本井 幸介


氏名
氏名

本井 幸介
Kosuke Motoi

所属
所属

理工学部 電気電子工学科

職位
職位

准教授

最終学歴
最終学歴

金沢大学大学院 自然科学研究科 システム創成科学専攻

学位
学位

博士(工学)()

所属学会
所属学会

日本生体医工学会 、IEEE Engineering in Medicine & Biology Society

専門分野
専門分野

生体医工学 、福祉工学 、リハビリテーション科学 、健康科学 、機械工学 、電気・電子工学 、情報工学

研究テーマ
研究テーマ

医療・福祉支援のための先進生体計測技術の開発とその医学的有効性評価医療・福祉支援システムへの応用

研究業績
研究業績

<論文> ①佐川貢一,福川亮,本井幸介,木立るり子: 二重課題歩行特性と副次課題成績を組み入れたワーキングメモリモデルによる健常高齢者の転倒経験の識別, 人間工学, 第.50巻, 第6号, 342-349頁, 2014年. ②谷口早弥香, 本井幸介, 東祐二, 藤元登四郎, 山越 憲一: ウェアラブル姿勢変化・歩行解析システムによる在宅移行期の脳血管障害者の定量的身体活動評価-Life-Space Assessmentによる活動範囲評価との同時比較検討-, 保健医療学雑誌, 第5巻, 第1号, 1-14

担当科目
担当科目

電子計測,電子回路学2,マイクロプロセッサ応用,ディジタル信号処理,応用電子工学実験など

論文

  • K. Motoi, et. al., “Measurement of electrocardiograms in a bath through tap water utilizing capacitive coupling electrodes placed outside the pathtub wall”, Biomedical Engineering Online, Vol. 16, No.12, pp. 1-13. 2017. など

著書

  • K. Motoi, et. al., “Ubiquitous healthcare monitoring in daily life”, Distributed Diagnosis and Home Healthcare, Vol. 2, Chapter 31, pp. 265-279, American Scientific Publishers, Los Angeles, Sep. 2012 (ISBN 1-58883-237-6).

学会発表

学外発表