グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 理工学部 > 電気電子工学科

電気電子工学科


専門科目では少人数教育
体験重視のモノ・コトから入る教育
卒業・修了後の就職にも強い

目指す学生像

高度情報化社会の基盤となる「電力・エネル ギ ー 」「制御・システム」「情報・通信」「電子・光応用 」の
4つの分野に関わる知識と技術を探究し、これらを持って地域社会に貢献する技術者を育成するため「学位授与の方針(ディプロマポリシー)」を次のように定めています。

電気電子工学科における4つの教育・研究分野

■学位授与の方針(ディプロマポリシー DP)

【知識・理解】
電気回路・電子回路の基礎を理解し、ハードウェアとソフトウェア両面からの回路設計やシステム設計などのものづくりを創造的 に行うことができる。

【思考・判断】
電気電子工学が社会の発展に対して果たす役割を充分理解し、光応用技術、情報・通信技術、制御・システム技術、電力・エネル ギー技術を用いて課題解決のための根源的、論理的な思考判断を行うことができる。

【関心・意欲】
常にチャレンジ精神を持ち、問題解決のための知 識 習 得 ・ 学習を自主的、実践的に行うことができる。また、電気電子分野の資格取得にチャレンジすることができる。

【態度】
主体的、実践的に身につけた電気電子工学の知識をおよび技術を通じて、地域・社会のニーズにこたえることができる。

【技能・表現】
電気電子工学の方法論に基づき、自らの考えを口頭表現や文章表現によって伝えることができる。

育成のアウトライン

■教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー CP)

(1) 電気に関する基礎学力を身に付けた学生を育てるため習熟度別クラス編成を行う。
(2)「電気主任技術者」の資格取得が可能なカリキュラムを編成する。

カリキュラムポリシーに基づき「電気工学コース」「電子工学コース」に分かれた推奨履修モデルを用意しています。 これら推奨モデルは「電気工学コース」が「電力・エネルギー分野」「制御・システム分野」へ、「電子工学コース」が「情報・通信分野」「電子・光応用分野」へとそれぞれの専門性を高め、関連する研究室へと進んでいけるようになっています。

推奨履修モデル

望ましい入学者像

・数学をはじめ、物理、化学、英語などの電気電子工学を学ぶための基礎学力を有し、「電力・エネルギー」「制御・システム」 「情報・通信」「電子・光応用」などの技術で地域社会に貢献できることを望んでいる者

・自ら進んで技術を学ぼうとする姿勢を有し、多面的、論理的な思考を行い、自らの考えを表現することができる。特にこれまで興味のある課題に自ら取り組んでおり、その成果を図やグラフを用いて客観的に説明で きることが望ましい者

■入学者受入れの方針(アドミッションポリシー AP)

【知識・理解】
電気電子工学を学ぶために必要な基礎学力を有している。

【思考・判断】
物事を多面的に考察し、自分の考えを論理的にまとめることができる。

【関心・意欲】
電気電子工学の分野に興味を持ち、未知の領域にチャレンジしようとする意欲と熱意を有している。

【態度】
主体的、実践的に知識および技術を学ぶ姿勢を有する。

【技能・表現】
自らの考えを口頭表現や文章表現によって伝えることができる。

制御・システム分野、電力エネルギー分野からなるコース


情報・通信分野、電子・光応用分野からなるコース


2016年度のカリキュラム公開中(2017年度新カリキュラムは近日公開)


電気電子工学科の教員と研究室を紹介します。


電気電子工学科卒業生の主な進路先を紹介します。


電気電子工学科のメンバーの声を紹介します。


2017年より「さきがけ研究室」を「研究室インターンシップ制度」へと発展。