グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 理工学部 > 電気電子工学科 > イベント案内

イベント案内


オープンキャンパス

*終了致しました。たくさんの方々のご参加、ありがとうございました。

電気電子工学科は、「やらまいか創造工学センター2階実習室」に全13研究室が集まります。
各研究室の学生たちが、研究内容やその成果について、デモンストレーションや実験体験を通して紹介します。
もちろん、普段の学生生活や、講義や実験の様子など、大学生活全般のことも、どんどん聞いてみてください。

また、午前は学内の講義の様子が分かる「模擬講義」を講義棟で、本学科における研究や実験を体験できる「電気電子工学実験体験 -さきがけ研究室-」をさらに午後はやらまいか創造工学センター2階実習室で、行います。高校生に楽しんでもらえるよう工夫をしていますので、是非参加しましょう。

詳細なスケジュールは、パンフレットなどをご確認ください。

皆さんの参加、待っています!

大学見学会

11/4(月) weekday大学見学会

システムコントロール研究室
日本の全消費電力量のうち,約60%はモータが消費しており,全てのモータの効率を1%向上させると,発電所が1基不要になるとも言われています。現在開発中のコイル密度を向上させた高効率モータや,その特性を測定する装置を紹介します。

環境エネルギーイノベーション研究室
Internet of Things(IoT)・クリーンエネルギー社会に要求される蓄電池として、現行のリチウムイオン電池(LIB)を凌駕した,高容量・長寿命・高安全な電池構築が必須となっています。それらの要件を満たす,次世代蓄電池のコンセプトを説明し,現在研究開発を行なっている電池電極材料を紹介します。

生体情報計測研究室
療養者や医療・看護・介護スタッフの負担を大きく軽減する,衣服(ウェアラブル)型,あるいはセンサ装着や機器操作が一切必要のない住宅設備内蔵型ヘルスケアシステムについて,現在実際に在宅・遠隔医療に向けて展開している計測・ネットワークシステムの研究成果を体験します。

機能性薄膜研究室
レドックスフロー電池という充放電可能な二次電池を展示します。この電池は,太陽電池や風力発電で発生した電気を貯めることができます。電極に薄膜を付けることで、電極の耐久性を上げ、高速充電可能な電池の作製を目指しています。

創造・発見(講義見学)
センサ,マイクロコンピュータを搭載した,自律走行可能な車両型ロボットの開発実習を行っています。これにより,ロボットやIoT(internet of Things)機器開発に必要な技術と,そのシステム化の方法を学んでいます。実際の実習風景の見学を通し,本学科における能動型講義、アクティブラーニングの取組を紹介します。

さきがけ研究室

研究室の一員になりませんか?電気電子工学科では「研究室体験」を行っています。実際の日常の研究室での活動に加わり,本学の研究室所属学生とともにハード・ソフトウェアを作り,研究・調査や実験をし,時には食事をし,様々なことを語り合う,さきがけて研究生になる試みです。参加希望学生や本学研究室学生の都合をマッチングさせながら、参加調整しますので,是非気軽にご参加下さい。

期間:各研究室毎に応相談
参加日数・時間:応相談
研究室:下記の研究室から選択(随時更新,大学HP・ブログで案内)
対象:高校2〜3年生
ご応募・お問合せ先:ee.sakigake@sist.ac.jp

*******************現在募集中の研究室*******************
制御システム分野
  • システムコントロール研究室(服部 知美)

電力・エネルギー分野
  • 高電圧工学研究室(石田 隆弘)

情報・通信分野
  • 知能情報システム研究室(加藤 丈和)
  • 音響研究室(武岡 成人)
  • 生体情報計測研究室(本井 幸介)

電子・光応用分野
  • 化合物半導体研究室(小澤 哲夫)
  • 機能性薄膜研究室(土肥 稔)
  • センサ工学研究室(村上 裕二)

学科・研究室紹介

以下の資料をスマートフォンやタブレットに保存して、見学に参加しよう!