グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




はじめに


やらまいか創造工学センターは、本学が掲げる“モノから入る教育”を実践し、学生の主体的な学びを支援する施設です。「ロボット・ヴィークル」や「パワーエレクトロニクス」など、エネルギー・環境・高齢化社会への対応なども視野に入れ、「夢を形に」する工学系研究を推進することも目標としています。
また、地域産業界との連携を促進し、共同研究などを通して地域産業の発展に貢献することも実施していきます。
1階は「未来移動体重点研究フロア」として、エンジンやモータ、ロボット、車両などに関する教育・研究、2階は「やらまいか教育フロア」として、グループ実習や製作物の解析、3階は「新エネルギー研究・産学連携研究フロア」として太陽光発電などの新エネルギーやBMIビークル(脳波や筋電活動を利用した福祉機械などの基礎研究)の研究、企業との共同研究などを行います。また、シャシダイナモ、エンジンテストベンチ、モータテストベンチ、ソーラーシミュレータなど産学連携研究にも対応できるようなシステムを導入し、各種の研究支援も行います。