グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




施設の紹介


エコキャンパス、省エネルギーを考慮した建物

太陽光追尾システムを利用した太陽光発電装置、風力発電装置などキャンパス内には省エネルギーを考慮した実験設備が多数設置されています。また、新エネルギーに関する研究も盛んに行われています。 やらまいか創造工学センターも省エネルギーを考慮し、採光あふれる明るい建物となっています。また、電気自動車の普及も考慮し、充電ポストを建物脇と駐車場に設置します。今後、電力の節約や、災害時の発電に利用できるように、太陽光発電システムをキャンパス内でも最も陽当たりの良いこの建物に設置することを検討しています。

やらまいか創造工学センターセンター各階配置図

※ご覧になりたいフロアをクリックしてください。

【1階】 ~未来移動体重点研究フロア~

ロボット&移動体実験室

擬似組立ライン

電気自動車、車いすなどの福祉車両、各種の移動ロボットなど、 未来型移動体に関する研究実験を行います。蓄電システムやモータ制御に関する研究実験、ロボットテストコースでは製作したロボットの動作実験や評価などを行います。 また、多関節ロボット、直交ロボット、シーケンサを用いた擬似組立ラインがあり、生産システムの教育実習に使われます。

モータテストベンチ室

モータテストベンチ

モータの特性評価やエネルギー回生に関する研究、実験を行います。地域産業と結びついた産学連携による共同研究にも対応できるテストシステムを導入予定です。

エンジンテストベンチ室

エンジンテストベンチ

ガソリンエンジン、ジーゼルエンジンなどの特性評価や、動力性能の向上に関する研究、実験を行います。エンジン単体が回転する姿が間近で見られます。

空力実験室

煙風洞実験装置

気流を可視化することができる「煙風洞実験装置」を利用し、物体の周りに流れる気流を観察する教育や研究を行います。気流を自分の目で見ることができます。

車両分解組立室

車両用リフト

ガソリンエンジンの分解組立や、自動車用リフトを利用した車両構造解析などの教育や研究を行います。フォーミュラカーも見ることができます。

シャシダイナモ室

シャシダイナモ

室内で走行状態を実現させる装置を利用し、車両の振動や騒音などを測定する研究を行います。また、動力特性に関する教育にも使用します。容易に見ることができない実験装置です。

【2階】 ~やらまいか教育フロア~

最大120名程度入室できる「やらまいか実習室」は、ものづくり教育に利用されます。また、パーテーションによる分割、視聴覚設備の設置など、各種の講座にも対応できるような設計となっています。「解析室」、「成形試作室」とあわせ、各種のものづくりを行うフロアとして使用します。

やらまいか実習室

やらまいか実習室

「創造・発見」は、10名程度の小グループで、数種のものづくりテーマの中から興味のあるテーマを選択して受講する授業です。ロボットの製作、電子工作など関心のあるテーマを選んでものづくりを楽しめます。他にもパソコンを使った実習や、電気・電子系の実験や実習でも使用します。

解析室

3D入出力装置

3次元CADを利用したモデリングと解析、小型工作機械を利用した試作など、ものづくり教育に使用します。自分のイメージを形にできます。

成形試作室

3Dプリンタ

削る(切削)、曲げる(塑性変形)、溶かす(溶融)、積重ねる(積層3Dprt) など、ものづくりの方法も様々です。「やらまいか実習室」、「解析室」の利用に合わせて、ものづくり教育が活発に行われるような設備の導入を検討しています。

【3階】 ~新エネルギー研究・産学連携研究フロア~

新エネルギー実験室

太陽電池の製作、評価を行う教育や、屋上に設置した実験用太陽電池の発電調査に関する実験を行います。また、疑似太陽光によるソーラーシミュレーション研究なども行います。

産学連携研究室

新しい蓄電デバイスや超急速充電システムの研究、新しい構造の電動パワーステアリングやステアバイワイヤシステムなど次世代制御システムの開発、農業分野に向けた自律走行可能なロボットの応用研究など、未来型移動体に関する研究を近隣企業の方々と行います。

BMI ビークル実験室

小動物の生体機能モニタリング技術開発や、福祉機械等へ脳波や筋電活動を応用するための基礎研究など、小動物を飼育しながら生体機能に関する研究を行います。

【屋上階】 ~太陽光発電のスペース~