メタセコイアから Blender へ、そして Cycles でレンダリング


ここでは旧版メタセコイア(ver.3.1) で作成した形状データを Blender に移行し、Cycles にてレンダリングする手順を示します。

Step 1.
3DS 形式でメタセコイアから形状データをエクスポートする。 このとき、エクスポートの設定は次の図のようにする。



Step 2.
Blender を起動し、先程出力した .3ds ファイルをインポートする。
必要に応じて Smooth / Flat を設定する。


Step 3.
レンダラを Cycles に変更し、 Viewport Shading を solid などから material に変更する。
# これでテクスチャがプレビューに反映される。


テクスチャが設定されていないので、それぞれのマテリアルにテクスチャを設定する。 該当メッシュを右クリックで選択し、マテリアル設定の Surface で Use Nodes を クリックする(Surface は Diffuse BSDF などにしておく)。


Color の色設定の右側にある小さな丸をクリックし、Image Texture を選択する。


すると、Color の場所に Open と書かれたボタンが出現するので、 それをクリックしてテクスチャファイルを選択する。
# パスに日本語が含まれると Blender が落ちる場合がある。
# その場合はファイル名およびディレクトリ名を全て英数文字に変更する。


これでテクスチャ付きでレンダリングされるようになるので、 後は適当にカメラやライトを設定してレンダリングすれば良い。