静岡理工科大学 菅沼ホーム ActionScript 目次 索引

Bitmap クラス

[内容]

  ビットマップイメージを扱う主要なクラスは BitmapData クラスです.しかし,BitmapData クラスは DisplayObject クラスを継承していないため,そのままでは表示させる(表示リストに加える)ことができません.そこで,Bitmap クラスは BitmapData オブジェクトを入れるコンテナとして働き,その内容を表示させます.

継承: Bitmap → DisplayObjectEventDispatcher → Object

[プロパティ]

[メソッド]

[使用例]

  1. 以下に示すプログラム( Bitmap_e.as )は,単に「BitmapData オブジェクトを表示」させただけの例です.
    package
    {
    	import flash.display.Sprite;
    	import flash.display.Bitmap;
    	import flash.display.BitmapData;
    	
    	[SWF(backgroundColor="0xeeffee", width="300", height="200", frameRate="30")]
    
    	public class Bitmap_e extends Sprite
    	{
    		public function Bitmap_e()
    		{
    			init();
    		}
    		
    		private function init():void
    		{
    			var btd : BitmapData = new BitmapData(100, 100, false, 0x00ff00);
    			var bt : Bitmap = new Bitmap(btd);
    			bt.x = 100;
    			bt.y = 50;
    			addChild(bt);
    		}
    	}
    }
    			

[参照]

BitmapData クラス

静岡理工科大学 菅沼ホーム ActionScript 目次 索引