静岡理工科大学 菅沼ホーム 全体目次 索引

HTML

    1. HTML -要素とその属性-
    2. HTML の使用例 -ホームページを作ろう!-

HTML -要素とその属性-

  以下に示す各要素に対する使用例は,すべてのブラウザで正しく動作するとは限りません.確認の上,ご使用ください.

  1. 共通項目と色の表現

    1. 共通項目
      1. HTML 文書の基本構造
      2. コンテンツ・モデル
      3. グローバル属性
      4. DOM インタフェース
      5. その他
        1. コメント
        2. 文字参照
        3. 引用符
    2. 色の表現

  2. ルート要素

    1. HTML 要素: HTML 文書であることを示す

  3. ドキュメントメタデータ

    1. HEAD 要素: ドキュメントに関する一般情報の集まりのトップ
    2. TITLE 要素: ドキュメントのタイトル
    3. BASE 要素: Web ページのベースとなる URL
    4. LINK 要素: 外部リソース(スタイルシート等)へのリンク
    5. META 要素: 他の要素で記述できないドキュメントに関する一般情報
    6. STYLE 要素: ドキュメントスタイルを記述

  4. スクリプティング

    1. SCRIPT 要素: スクリプトを記述
    2. NOSCRIPT 要素: スクリプトが動作しない環境における表示内容を指定

  5. セクション

    1. BODY 要素: HTML 文書の内容
    2. SECTION 要素: 節を構成
    3. NAV 要素: 他ページへのリンクを集めた節を構成
    4. ARTICLE 要素: 文書内の自己充足的な部分を構成
    5. ASIDE 要素: 余談,補足情報など,本文に少し関係ある節を構成
    6. H1, H2, H3, H4, H5, H6 要素: 節のヘッディング
    7. HGROUP 要素: ヘッディングからなる節
    8. HEADER 要素: ヘッディングからなる節
    9. FOOTER 要素: フッターからなる節
    10. ADDRESS 要素: 連絡情報に関する節

  6. グルーピングコンテンツ

    1. P 要素: 文章の段落
    2. HR 要素: 段落レベルの区切り
    3. PRE 要素: 編集済みテキスト(半角スペースや改行をそのまま表示)
    4. BLOCKQUOTE 要素: 他から引用された節
    5. OL 要素: 順序づけリスト
    6. UL 要素: 順序づけないリスト
    7. LI 要素: リストの項目
    8. DL 要素: 関連づけリスト( name-value,項目-説明,等)
    9. DT 要素: 関連づけリスト( name-value,項目-説明,等)の name,項目等に相当
    10. DD 要素: 関連づけリスト( name-value,項目-説明,等)の value,説明等に相当
    11. FIGURE 要素: 本文から参照される図,写真,プログラムリスト等
    12. FIGCAPTION 要素: 本文から参照される図,写真,プログラムリスト等に対する説明
    13. DIV 要素: 特別な意味を持たない.あるグループの class 属性,lang 属性,title 属性などを共通に指定したいようなときに使用できる.

  7. テキストレベルの意味づけ

    1. A 要素: ハイパーリンク,又は,他からリンクが張られる場所
    2. EM 要素: 強調
    3. STRONG 要素: 重要性
    4. SMALL 要素: コメントとして小さく表示
    5. S 要素: 適切でない文章
    6. CITE 要素: 作品(本・書類・随筆・詩・楽譜・歌・脚本・映画・テレビ番組・ゲーム・彫刻・絵画・劇場作品・芝居・オペラ・ミュージカル・展覧会・訴訟事件の報告など)のタイトル
    7. Q 要素: 引用
    8. DFN 要素: 語句の定義
    9. ABBR 要素: 語句の省略形
    10. DATA 要素: 数値など,特殊な形のテキストのみを許容したい場合
    11. TIME 要素: コンピュータが認識できる形で年月日,時間を記述
    12. CODE 要素: コンピュータプログラム
    13. VAR 要素: プログラムや数式における変数
    14. SAMP 要素: コンピュータからの出力(例)
    15. KBD 要素: ユーザ入力(一般的には,キーボード入力)
    16. SUB 要素,SUP 要素: 下付き( SUB 要素),上付き( SUP 要素)
    17. I 要素: 分類学上の名称,技術用語,他の言語における慣用句,考えなど,他の文章と区別したいテキスト
    18. B 要素: 注意を引きつけたいテキスト
    19. U 要素: あいまいな注釈(誤ったスペルを示す等)
    20. MARK 要素: テキストのハイライト(目立たせる)
    21. RUBY 要素: ルビをふる
    22. RT 要素: ルビをふる際のルビ部分
    23. RP 要素: ルビをふる機能がないブラウザに対する対応
    24. BDI 要素: 書字方向の異なる言語が混在する文書において,周りの文章からの影響を受けないように隔離する(隔離しないと,括弧,コロン,ピリオドが不適切な位置に配置される場合がある)
    25. BDO 要素: 書字方向の制御
    26. SPAN 要素: 特別な意味はない(テキストに特定の属性を持たせたいときに使用)
    27. BR 要素: 改行
    28. WBR 要素: 改行可能な位置

  8. 編集

    1. INS 要素: 追加された部分であることを示す
    2. DEL 要素: 削除された部分であることを示す

  9. 埋め込みコンテンツ

    1. IMG 要素: 画像の埋め込み
    2. IFRAME 要素: インラインフレーム(文書内に別の文書を表示)
    3. EMBED 要素: 外部の HTML でないアプリケーション,又は,インタラクティブコンテンツの埋め込み
    4. OBJECT 要素: 外部リソースの埋め込み( EMBED 要素より埋め込み対象が広い)
    5. PARAM 要素: プラグインに対するパラメータ
    6. VIDEO 要素: 動画の再生
    7. AUDIO 要素: 音声の再生
    8. SOURCE 要素: 動画や音声などの URL や種類の指定
    9. TRACK 要素: 動画や音声と同期するテキストトラックの埋め込み
    10. CANVAS 要素: 図形を描く
    11. MAP 要素: イメージマップ
    12. AREA 要素: イメージマップにハイパーリンク領域を設定

  10. テーブルデータ

    1. TABLE 要素: 表の作成
    2. CAPTION 要素: 表のタイトル
    3. COLGROUP 要素: 表の列をグループ化
    4. COL 要素: 表の列グループの制御
    5. TBODY 要素: 表の行をグループ化(表の本体)
    6. THEAD 要素: 表の行をグループ化(表のヘッダー)
    7. TFOOT 要素: 表の行をグループ化
    8. TR 要素: 表の一行
    9. TD 要素: 表のセル
    10. TH 要素: 表のセル(タイトル)

  11. フォーム

    1. FORM 要素: フォームの作成
    2. FIELDSET 要素: フォーム関連要素のグループ化
    3. LEGEND 要素: フォーム関連要素グループに対するタイトル
    4. LABEL 要素: フォーム関連要素と名前を関係づける
    5. INPUT 要素: フォームを構成する入力部品の作成
    6. BUTTON 要素: ボタンの作成
    7. SELECT 要素: セレクトボックスの作成
    8. DATALIST 要素: 入力候補となるデータリストを定義
    9. OPTGROUP 要素:  OPTION 要素で作成する選択肢をグループ化
    10. OPTION 要素: SELECT 要素や DATALIST 要素の選択肢
    11. TEXTAREA 要素: 複数行のテキスト
    12. KEYGEN 要素: フォーム送信時にキーを発行して暗号化.秘密キーはローカル環境に,公開キーはサーバーに送信される.
    13. OUTPUT 要素: 計算結果の表示
    14. PROGRESS 要素: 進捗度の表示
    15. METER 要素: 割合の表示

  12. インタラクティブ要素

    1. DETAILS 要素: 詳細表示
    2. SUMMARY 要素: DETAILS 要素の内容の要約

HTML の使用例 -ホームページを作ろう!-

  1. スタイルシート
    1. 記述方法
    2. プロパティの種類とその指定方法
      1. 背景
      2. フォント
      3. テキスト
      4. 幅と高さ
      5. マージン,パディング,ボーダー,縁取り
      6. 表示方法と表示位置
      7. 表(テーブル)
      8. リスト
      9. 挿入と引用
      10. カーソルの形状
    3. 使用例

  2. ホームページの作成例
    1. ページレイアウト
      1. DIV 要素によるページレイアウト
      2. IFRAME 要素によるページレイアウト
    2. 文章の表示
    3. リスト
      1. 定義リスト
      2. 序列リスト
      3. 順不同リスト
      1. 基本的な表
      2. 表のグループ化
    4. リンクと画像の埋め込み
      1. A 要素によるリンク
      2. イメージマップ
    5. フォームと CGI
      1. 演習問題の解答
      2. ラジオボタン,チェックボックス,ドロップダウンリスト

静岡理工科大学 菅沼ホーム 全体目次 索引