静岡理工科大学 菅沼ホーム JavaScript 目次 索引

history オブジェクト

[機能]

  履歴情報の処理

[プロパティ]

  1. history.length  ブラウザで表示した履歴の数

[メソッド]

  1. history.back()  前のページへ戻る

  2. history.forward()  次のページへ進む

  3. history.go(ページ数)  指定した「ページ数」だけ前,または,後ろへ移動する

[使用例]

  1. プログラム(下がそのソースコード)は,各メソッドの使用例である.テキストエリアに数値を入力して「ページ移動」ボタンをクリックすると,指定したページだけ移動する.

    <!DOCTYPE HTML>
    <HTML>
    <HEAD>
    	<TITLE>history</TITLE>
    	<META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=utf-8">
    	<LINK REL="stylesheet" TYPE="text/css" HREF="../../../master.css">
    	<SCRIPT TYPE="text/javascript">
    		function move(form)
    		{
    			history.go(form.page.value);
    		}
    	</SCRIPT>
    </HEAD>
    <BODY CLASS="white">
    	<H1 STYLE="text-align: center">履歴情報の処理</H1>
    	<P STYLE="text-align: center"><A HREF="test1.htm">1ページへ</A></P>
    	<SCRIPT TYPE="text/javascript">
    		document.writeln('<P STYLE="text-align: center">(履歴の数: ' + history.length + ' )</P>');
    	</SCRIPT>
    	<FORM>
    		<P STYLE="text-align: center">
    			<INPUT TYPE="button" VALUE="戻る" onClick="history.back()">  
    			<INPUT TYPE="button" VALUE="進む" onClick="history.forward()"><BR><BR>
    			<INPUT TYPE="text" VALUE="0" NAME="page">  
    			<INPUT TYPE="button" VALUE="ページ移動" onClick="move(this.form)">  
    		</P>
    	</FORM>
    </BODY>
    </HTML>
    			

静岡理工科大学 菅沼ホーム JavaScript 目次 索引