静岡理工科大学 菅沼ホーム JavaScript 目次 索引

screen オブジェクト

[機能]

  ディスプレイに関する情報

[プロパティ]

  1. screen.availHeight  Windows のタスクバー等の高さをスクリーン(ディスプレイ)の幅から除いた高さ
  2. screen.availLeft  Windows の有効な左端の x 座標
  3. screen.availTop  Windows の有効な上端の y 座標
  4. screen.availWidth  Windows のタスクバー等の幅をスクリーン(ディスプレイ)の幅から除いた幅
  5. screen.colorDepth  表示可能色数(ビット表示)
  6. screen.height  スクリーン(ディスプレイ)の高さ
  7. screen.pixelDepth  オフスクリーンバッファの 1 ピクセルに必要なビット数
  8. screen.width  スクリーン(ディスプレイ)の幅

[使用例]

  1. プログラム(下がそのソースコード)は,screen オブジェクトのプロパティの使用例である.

    <!DOCTYPE HTML>
    
    <HTML>
    <HEAD>
    	<TITLE>screen</TITLE>
    	<META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=utf-8">
    	<LINK REL="stylesheet" TYPE="text/css" HREF="../../../master.css">
    </HEAD>
    <BODY CLASS="white">
    	<H1 STYLE="text-align: center">screen オブジェクト</H1>
    	<SCRIPT TYPE="text/javascript">
    		document.write("スクリーンの有効高さ( availHeight ): " + screen.availHeight + "<BR>");
    		document.write("スクリーンの有効幅( availWidth ): " + screen.availWidth + "<BR>");
    		document.write("表示可能色数( colorDepth ): " + screen.colorDepth + "<BR>");
    		document.write("スクリーンの高さ( height ): " + screen.height + "<BR>");
    		document.write("オフスクリーンバッファ( pixelDepth ): " + screen.pixelDepth + "<BR>");
    		document.write("スクリーンの幅( width ): " + screen.width + "<BR>");
    	</SCRIPT>
    </BODY>
    </HTML>
    			

静岡理工科大学 菅沼ホーム JavaScript 目次 索引