静岡理工科大学 菅沼ホーム JavaScript 目次 索引

Map オブジェクト

[機能]

  Map オブジェクトの処理.Map オブジェクトは,キーと値のペアを,キーが最初に挿入された順序で記憶します.

[プロパティ]

  1. Map.size  Map オブジェクトの要素数

[メソッド]

  1. Map.clear()  Map オブジェクトの全ての要素を削除

  2. Map.delete(キー)  Map オブジェクトから,キーで指定された要素を削除

  3. Map.forEach(関数)  与えられた関数を Map オブジェクトの各値に対して挿入順で実行する.関数の引数は,要素の値,キー,及び,対象となる Map オブジェクトである.

  4. Map.get(キー)  Map オブジェクトから,キーで指定された要素の値を取得する

  5. Map.has(キー)  特定のキーをもつ要素が Map オブジェクト内に存在するかどうかを返す

  6. Map.keys()  Map オブジェクト内のキーに対する新しい Iterator オブジェクトを返す

  7. Map.set(キー, 値)  キーと値のペアを Map オブジェクトに追加

  8. Map.values()  Map オブジェクト内の値に対する新しい Iterator オブジェクトを返す

[使用例]

  1. プログラム(下がそのソースコード)は,Map オブジェクトのプロパティやメソッドの使用例である.

    <!DOCTYPE HTML>
    <HTML>
    <HEAD>
    	<TITLE>Map</TITLE>
    	<META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=utf-8">
    	<LINK REL="stylesheet" TYPE="text/css" HREF="../../../master.css">
    </HEAD>
    <BODY CLASS="white">
    	<H1 STYLE="text-align: center">Map オブジェクト</H1>
    	<SCRIPT TYPE="text/javascript">
    		document.writeln("<DL>");
    		let m = new Map();
    		m.set("a", 1);
    		m.set("b", 2);
    		m.set("c", 3);
    		let it1 = m.keys();
    		let it2 = m.values();
    		document.writeln("<DT>Map m first : key " + it1.next().value + " value " + it2.next().value);
    		document.writeln("<DT>Map m second : key " + it1.next().value + " value " + it2.next().value);
    		document.writeln("<DT>Map m third : key " + it1.next().value + " value " + it2.next().value);
    		m.set("d", -1);
    		document.writeln("<DT>Map m size (要素を追加後) " + m.size);
    		document.writeln("<DT>Map m ( forEach による出力)");
    		str = "";
    		m.forEach(output);
    		document.writeln("<DD>" + str + "</DD>");
    		document.writeln("<DT>Map m ( get による出力)");
    		str = m.get("a") + " " + m.get("b") + " " + m.get("c") + " " + m.get("d");
    		document.writeln("<DD>" + str + "</DD>");
    		document.writeln("<DT>Map m キー b ? " + m.has("b"));
    		m.delete("b");
    		document.writeln("<DT>Map m キー b (削除後)? " + m.has("b"));
    		str = "削除後 ";
    		m.forEach(output);
    		document.writeln("<DD>" + str + "</DD>");
    		m.clear();
    		document.writeln("<DT>Map m size ( clear 後)" + m.size);
    		document.writeln("</DL>");
    
    		function output(val, key, s)
    		{
    			str += "(key: " + key + ", value: " + val + ")";
    		}
    	</SCRIPT>
    </BODY>
    </HTML>
    			

静岡理工科大学 菅沼ホーム JavaScript 目次 索引