静岡理工科大学 菅沼ホーム JavaScript 目次 索引

Set オブジェクト

[機能]

  Set オブジェクトの処理.Set オブジェクトは,Array オブジェクトと似ていますが,同じ値の要素を記憶することができません.

[プロパティ]

  1. Set.size  Set オブジェクトの要素数

[メソッド]

  1. Set.add(値)  値を Set オブジェクトに追加

  2. Set.clear()  Set オブジェクトの全ての要素を削除

  3. Set.delete(値)  Set オブジェクトから,特定の値を削除

  4. Set.forEach(関数)  与えられた関数を Set オブジェクトの各値に対して挿入順で実行する.関数の引数は,要素の値(キーが存在しないため,同じ値が 2 つ与えられる)と,対象となる Set オブジェクトである.

  5. Set.has(値)  特定の値をもつ要素が Set オブジェクト内に存在するかどうかを返す

  6. Set.values()  Set オブジェクト内の各要素に対する新しい Iterator オブジェクトを返す

[使用例]

  1. プログラム(下がそのソースコード)は,Set オブジェクトのプロパティやメソッドの使用例である.

    <!DOCTYPE HTML>
    <HTML>
    <HEAD>
    	<TITLE>Set</TITLE>
    	<META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=utf-8">
    	<LINK REL="stylesheet" TYPE="text/css" HREF="../../../master.css">
    </HEAD>
    <BODY CLASS="white">
    	<H1 STYLE="text-align: center">Set オブジェクト</H1>
    	<SCRIPT TYPE="text/javascript">
    		document.writeln("<DL>");
    		let a = new Set([1, 2, 3]);
    		let it = a.values();
    		document.writeln("<DT>Set a first  :  " + it.next().value);
    		document.writeln("<DT>Set a second :  " + it.next().value);
    		document.writeln("<DT>Set a third  :  " + it.next().value);
    		a.add(-1);
    		document.writeln("<DT>Set a size " + a.size + " 4-th  :  " + it.next().value);
    		document.writeln("<DT>Set a ( forEach による出力)");
    		str = "";
    		a.forEach(output);
    		document.writeln("<DD>" + str + "</DD>");
    		document.writeln("<DT>Set a 要素 2 ? " + a.has(2));
    		a.delete(2);
    		document.writeln("<DT>Set a 要素 2 (削除後)? " + a.has(2));
    		str = "削除後 ";
    		a.forEach(output);
    		document.writeln("<DD>" + str + "</DD>");
    		a.clear();
    		document.writeln("<DT>Set a size ( clear 後)" + a.size);
    		document.writeln("</DL>");
    
    		function output(a1, a2, s)
    		{
    			str += " " + a1 + " " + a2;
    		}
    	</SCRIPT>
    </BODY>
    </HTML>
    			

静岡理工科大学 菅沼ホーム JavaScript 目次 索引