静岡理工科大学 菅沼ホーム JavaScript 目次 索引

String オブジェクト

[機能]

  文字列の操作

[プロパティ]

[メソッド]

  1. String.fromCharCode(n1, n2, ・・・)  文字コードを文字に変換する

  2. 文字列.big()  文字を少し大きくする

  3. 文字列.bold()  太字にする

  4. 文字列.charAt(n)  n(0~)文字目を取り出す

  5. 文字列.charCodeAt(n)  指定した位置の文字の文字コードを返す

  6. 文字列.fixed()  等幅文字にする

  7. 文字列.fontcolor(文字色)  文字色を設定する

  8. 文字列.fontsize(数値)  文字サイズを「数値(1~7)」で与えた大きさに変更する

  9. 文字列.indexOf(検索文字列, n)  n(0~)番目の文字から後方へ検索文字列を探し,その位置を返す

  10. 文字列.italics()  斜体にする

  11. 文字列.lastIndexOf(検索文字列, n)  n(0~)番目の文字から前方へ検索文字列を探し,その位置を返す

  12. 文字列.link(URL)  文字列にリンクを張る

  13. 文字列.match(regexp)  正規表現 regexp に最初にマッチした部分の文字列を返す.見つからなかった場合は,null を返す.

  14. 文字列.replace(regexp, newString)  文字列内の正規表現で指定文字列を置換する

  15. 文字列.search(regexp)  正規表現 regexp にマッチする部分の位置を返す.見つからなかった場合は,-1 を返す.

  16. 文字列.slice(from [, to])  from から to までの文字列を抜き出す.to を省略すると最後までになる.また,負の値を指定すると後ろからになる.

  17. 文字列.small()  文字を少し小さくする

  18. 文字列.split(区切り文字列)  文字列を「区切り文字列」で区切り,その結果を配列に入れる

  19. 文字列.strike()  取消線を描く

  20. 文字列.sub()  下付文字にする

  21. 文字列.substr(n, m)  n(0~)文字目から m 文字を取り出す

  22. 文字列.substring(n, m)  n(0~)文字目から (m-1) 文字目までを取り出す

  23. 文字列.sup()  上付文字にする

  24. 文字列.toLowerCase()  小文字にする

  25. 文字列.toUpperCase()  大文字にする

  26. 文字列.trim()  文字列の両端の空白を削除

  27. 文字列.trimEnd()( 文字列.trimRight() )  文字列の末尾の空白を削除

  28. 文字列.trimStart()( 文字列.trimLeft() )  文字列の先頭の空白を削除

[関連メソッド]

  1. 数値.toString(n)  n 進数に変換しその数値を返す
  2. オブジェクト名.toString()  オブジェクトを文字列へ変換
  3. オブジェクト名.valueOf()  オブジェクト内の値

[使用例]

  1. プログラム(下がそのソースコード)は,String オブジェクトのプロパティやメソッドの使用例である.

    <!DOCTYPE HTML>
    <HTML>
    <HEAD>
    	<TITLE>String</TITLE>
    	<META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=utf-8">
    	<LINK REL="stylesheet" TYPE="text/css" HREF="../../../master.css">
    </HEAD>
    <BODY CLASS="white">
    	<H1 STYLE="text-align: center">String オブジェクト</H1>
    	<SCRIPT TYPE="text/javascript">
    		let str = "例とする文書 Example Text";
    		document.writeln("<DL>");
    		document.writeln("<DT>元の文字: " + str);
    		document.writeln("<P>");
    		document.writeln("<DT>プロパティ");
    		document.writeln("<DD>文字列の長さ( length ): " + str.length);
    		document.writeln("<P>");
    		document.writeln("<DT>メソッド");
    		document.writeln("<DD>文字サイズ 7( fontsize ): " + str.fontsize(7));
    		document.writeln("<DD>少し大きく( big ): " + str.big());
    		document.writeln("<DD>少し小さく( small ): " + str.small());
    		document.writeln("<DD>太字( bold ): " + str.bold());
    		document.writeln("<DD>斜体( italics ): " + str.italics());
    		document.writeln("<DD>等幅文字( fixed ): " + str.fixed());
    		document.writeln("<DD>取消線( strike ): " + str.strike());
    		document.writeln("<DD>下付( sub ): " + str.sub());
    		document.writeln("<DD>上付( sup ): " + str.sup());
    		document.writeln("<DD>小文字( toLowerCase ): " + str.toLowerCase());
    		document.writeln("<DD>大文字( toUpperCase ): " + str.toUpperCase());
    		document.writeln("<DD>文字色(赤)( fontcolor ): " + str.fontcolor("red"));
    		document.writeln("<DD>3 文字目及び 7 文字目( charAt ): " + str.charAt(3) + " " + str.charAt(7));
    		document.writeln("<DD>7 文字目から 9 文字目を抜き出す( substring ): " + str.substring(7, 10));
    		document.writeln("<DD>7 文字目から 3 文字を抜き出す( substr ): " + str.substr(7, 3));
    		document.writeln("<DD>後ろから 12 文字目から 9 文字目を抜き出す( slice ): " + str.slice(-12, -9));
    		document.writeln("<DD>文字列 'Exa' を 'AAA' で置き換える( replace ): " + str.replace("Exa", "AAA"));
    		let part = str.split(" ");
    		document.write("<DD>文字列を空白で分割( split ): " + part[0]);
    		for (let i1 = 1; i1 < part.length; i1++)
    			document.write("/" + part[i1]);
    		document.write("\n");
    		document.writeln("<DD>文字列「x」の検索( indexOf ): " + str.indexOf("x", 0));
    		document.writeln("<DD>文字列「x」を後ろから検索( lastIndexOf ): " + str.lastIndexOf("x", 18));
    		document.writeln("<DD>文字列「Exa」の検索( match ): " + str.match(/Exa/i));
    		document.writeln("<DD>文字列「exa」の検索( search ): " + str.search(/exa/i));
    		document.writeln("<DD>リンクの設定( link ): " + "説明文へ".link("String.htm"));
    		document.writeln("<DD>文字コード( charCodeAt ): " + str.charCodeAt(0) + " " + str.charCodeAt(18));
    		document.writeln("<DD>文字コードを文字( fromCharCode ): " + String.fromCharCode(0x41, 0x42, 0x43));
    		document.writeln("<P>");
    		document.writeln("<DT>関連メソッド等");
    		let x = 20;
    		document.writeln("<DD>n 進数へ変換( toString ): 10 進数: " + x.toString(10) + ",2 進数: " + x.toString(2) + ",8 進数: " + x.toString(8) + ",16 進数: " + x.toString(16));
    		let now = new Date();
    		document.writeln("<DD>オブジェクト(日付)を文字列へ変換( toString ): " + now.toString());
    		document.writeln("<DD>オブジェクト(日付)内の値( valueOf ): " + now.valueOf());
    		document.writeln("</DL>");
    	</SCRIPT>
    </BODY>
    </HTML>
    			

静岡理工科大学 菅沼ホーム JavaScript 目次 索引