静岡理工科大学 菅沼ホーム 全体目次 索引

Ruby

  1. Ruby 概説
    1. Ruby の特徴
    2. プログラム
    3. クラスとメソッド
      1. クラス
      2. 配列
      3. メソッド
      4. リテラル
      5. 変数と定数
      6. モジュール
      7. 特異クラスと特異メソッド
      8. 演算子の再定義(オーバーロード)
      9. ブロック付きメソッド呼び出し
    4. 演算子
      1. 演算子の種類
      2. 多重代入
      3. 範囲式
    5. 制御構造
      1. 条件分岐
      2. 繰り返し
    6. 変数の有効範囲(スコープ)
    7. 使用方法
      1. コマンドラインとファイル
      2. フォームと Ruby

  2. Ruby の実行

  3. 正規表現

    1. 正規表現とは
    2. メタ文字

  4. 文法

    1. プログラム
    2. クラスとメソッド
      1. クラスとメソッド
        1. クラスとは
        2. クラスとメソッド
          1. クラスの定義
          2. 配列
          3. メソッド
          4. 変数と定数
          5. プログラム例
        3. 継承
        4. メソッドに対する呼び出し制限
      2. モジュール
      3. 特異クラスと特異メソッド
      4. 演算子の再定義(オーバーロード)
      5. ブロック付きメソッド呼び出し
      6. 定義に関する操作
    3. 擬似変数
    4. リテラル
      1. 数値
      2. 文字列
      3. ヒアドキュメント
      4. シンボル
      5. %記法
    5. 演算子
      1. 演算子の種類
      2. 代入
      3. 範囲式
      4. 条件演算子
    6. 制御構造
      1. 条件分岐
      2. 繰り返し
      3. 例外処理
      4. その他

  5. 標準ライブラリ

    1. 組み込み関数
      • Float 浮動小数点数に変換
      • Integer 整数に変換
      • String 文字列に変換
      • abort 異常終了
      • catch ブロックの実行
      • throw ブロックからの脱出
      • chop $_ の最後の文字の除去
      • chop! $_ の最後の文字の除去
      • chomp $_ の最後の文字(指定)の除去
      • chomp! $_ の最後の文字(指定)の除去
      • eval 文字列をプログラムとして評価
      • exec コマンドの実行
      • exit 終了
      • exit! 終了
      • fork 子プロセスの生成
      • gets 一行入力
      • readline 一行入力
      • readlines 一行入力(配列に格納)
      • gsub 文字列の置換(すべて)
      • gsub! 文字列の置換(すべて)
      • load ファイルのロードと実行
      • loop 無限ループ
      • open ファイルのオープン
      • p 人間に読みやすい形で出力
      • print 引数を順に出力
      • printf フォーマット出力
      • proc 手続きオブジェクトの生成
      • lambda 手続きオブジェクトの生成
      • putc 一文字出力
      • puts 引数と改行を順に出力
      • raise 例外の発生
      • fail 例外の発生
      • rand 乱数
      • require ライブラリのロード
      • scan 入力文字列の正規表現にマッチした部分
      • sleep 実行の休止
      • split 文字列の分割
      • sprintf フォーマット出力(配列に保存)
      • format フォーマット出力(配列に保存)
      • srand 乱数の初期設定
      • sub 文字列の置換
      • sub! 文字列の置換
      • system コマンドの実行
      • test ファイルのチェック
    2. 組み込み変数
      • $_ 最後に gets,または,readline で読み込んだ文字列
      • $& 最後にマッチした文字列
      • $~ 最後に成功したマッチに関する MatchData クラスのオブジェクト
      • $` 最後にマッチした部分より前の文字列
      • $' 最後にマッチした部分より後ろの文字列
      • $+ 最後の括弧に対応する部分文字列
      • $1,$2,・・・ n 番目の括弧にマッチした文字列
      • $? 最後に終了した子プロセスのステータス
      • $! 例外の種類
      • $@ 例外が発生した場所
      • $/ 入力レコードセパレータ
      • $\ 出力レコードセパレータ
      • $, デフォルトの区切り文字列
      • $; split で引数を省略した場合の区切り文字
      • $. 最後に読んだ入力ファイルの行番号
      • $< 引数で構成される仮想ファイル
      • $> 標準出力
      • $0 現在実行中の Ruby スクリプトの名前
      • $PROGRAM_NAME 現在実行中の Ruby スクリプトの名前
      • $* Ruby スクリプトに与えられた引数を表す配列
      • $$ 現在実行中の Ruby プロセスの pid
      • $: ファイルをロードする時に検索するディレクトリのリスト
      • $LOAD_PATH ファイルをロードする時に検索するディレクトリのリスト
      • $FILENAME ARGF を通して現在読み込み中のファイル名
      • $stdin 標準入力
      • $stdout 標準出力
      • $stderr 標準エラー出力
      • $KCODE マルチバイト文字列エンコーディング
    3. 組み込み定数
      • STDIN 標準入力
      • STDOUT 標準出力
      • STDERR 標準エラー出力
      • ARGF 引数で構成される仮想ファイル
      • ARGV スクリプトに与えられた引数を表す配列
    4. 組み込みクラス
    5. 組み込みモジュール

  6. その他

    1. Ruby と CGI
      1. 一般的方法
      2. CGI クラスの利用
    2. Ruby と MySQL

静岡理工科大学 菅沼ホーム 全体目次 索引