静岡理工科大学 菅沼ホーム Ruby 目次 索引

Ruby の実行

  Ruby インタプリタを起動するためには,以下のコマンドを入力します.

ruby [ option ] [ programfile ] [ argument ]

ここで,

option : インタプリータに対するオプション
programfile : プログラムファイル
argument : プログラムに対する引数

とします.これらを省略したり,`-' を指定した場合には,標準入力からプログラムが入力されるものとします.

  プログラムファイルの最初の行が `#!' で始まり,その行に `ruby' という文字列を含まない場合,OS に代わって `#!' に続く文字列をコマンドラインとみなしてそのインタプリタを起動します.例えば,以下のシェルスクリプトを ruby で実行すると sh を起動します.

#!/bin/sh -vx

  また,`ruby' という文字列が含まれる場合は,その文字列より左側は無視され,右側に `-' で始まる語があればインタプリータに対するオプションとして解釈します.例えば,以下の例においては,コマンドラインで -Ks オプション( Ruby の処理する文字コードが Shift JIS であることを指定した例)を指定した場合と同じ結果になります.

#! ruby -Ks

  また,

irb

と入力することによって,ruby の式を標準入力から簡単に入力/実行できます.

静岡理工科大学 菅沼ホーム Ruby 目次 索引