静岡理工科大学 菅沼ホーム Ruby 目次 索引

組み込み変数

  以下,訳の分からない記号が並んでいますが,「Ruby の特徴」においても述べましたように,プログラムにおいて最も重要なのは,「読みやすいこと,理解しやすいこと」です.以下に示すように,意味のない記号に対して特別な意味を与える方法は絶対に避けるべきです.Ruby のマニュアルには,「覚え方」などというものが書いてありますが,このような記号の意味を知らなければプログラムを「書けない,読めない」ような言語は使用すべきではありません.できる限り,以下の変数の使用は避けてください.
  • $_ 最後に gets,または,readline で読み込んだ文字列
  • $& 最後にマッチした文字列
  • $~ 最後に成功したマッチに関する MatchData クラスのオブジェクト
  • $` 最後にマッチした部分より前の文字列
  • $' 最後にマッチした部分より後ろの文字列
  • $+ 最後の括弧に対応する部分文字列
  • $1,$2,・・・ n 番目の括弧にマッチした文字列
  • $? 最後に終了した子プロセスのステータス
  • $! 例外の種類
  • $@ 例外が発生した場所
  • $/ 入力レコードセパレータ
  • $\ 出力レコードセパレータ
  • $, デフォルトの区切り文字列
  • $; split で引数を省略した場合の区切り文字
  • $. 最後に読んだ入力ファイルの行番号
  • $< 引数で構成される仮想ファイル
  • $> 標準出力
  • $0 現在実行中の Ruby スクリプトの名前
  • $PROGRAM_NAME 現在実行中の Ruby スクリプトの名前
  • $* Ruby スクリプトに与えられた引数を表す配列
  • $$ 現在実行中の Ruby プロセスの pid
  • $: ファイルをロードする時に検索するディレクトリのリスト
  • $LOAD_PATH ファイルをロードする時に検索するディレクトリのリスト
  • $FILENAME ARGF を通して現在読み込み中のファイル名
  • $stdin 標準入力
  • $stdout 標準出力
  • $stderr 標準エラー出力
  • $KCODE マルチバイト文字列エンコーディング

静岡理工科大学 菅沼ホーム Ruby 目次 索引