Skip global navigation and go to header navigation

Skip global navigation and read the article

Skip global navigation and go to local navigation

Skip global navigation and go to footer navigation



TOP >  Staff >  Professor 吉田豊

Professor 吉田豊


吉田 豊 (ヨシダ ユタカ)
1954年1月11日生まれ



私の研究室では、メスバウア分光法を用いて、物質中の動的過程、特に、拡散や析出、相転移などの研究を行ってきました。メスバウア分光プローブとして用いる鉄原子は金属・半導体・セラミックス材料、カーボンナノチューブなどのナノ材料、生体物質、さらには自然環境のいたるところに存在し重要な機能や役割を担っています。
 現在はシリコン系太陽電池の鉄不純物問題の解決に取り組んでいます。