機械工学科 飛田准教授がBest Paper Awardに選ばれました

皆さまこんにちは、機械工学科です。

2018年12月11日から14日に、タイのプーケットで開催された The 9th Thai Society of Mechanical Engineers International Conference on Mechanical Engineering において、飛田和輝准教授が「Principle and Robotic Applications of Conical Scanning Method」の題目で口頭発表しました。

Full Paperの査読によりAcceptされた182件の論文のうち8つの分野ごとに3~4件、Best Awardの候補者がノミネートされ、閉会式にて受賞者が発表されました。飛田准教授は Dynamic Systems, Robotics and Controls の20件のうちで、最も優れた論文であることを表彰されました。