グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 工作センター > 利用の手引き

利用の手引き


センターの利用を希望する者は、下記の1.から4.のいずれかの方法により、利用申請等を行わなければならない。なお、実験装置の製作等に関する技術的な事について、予め技術職員に相談をすることが望ましい。

センターを利用できる人

  • 本学の教職員、客員研究者
  • 本学の学生
  • 総合技術研究所を介した学外利用者
  • その他センター長が適当と認めた者

1.研究のため申請者が利用する場合

  1. 機械類の利用を希望する者は、センター長に利用申請を行う。
  2. センター長は、申請内容を検討した上で、利用の可否を申請者に連絡する。

2.研究のため製作依頼をする場合

  1. 実験装置の設計・製作及び修理全般にわたる業務の委託を希望する場合には、設計図とともにセンター長へ製作依頼申請を行う。
  2. センター長は、センターの技術職員(以下「技術職員」という)と申請内容を検討した上で、受託の可否を申請者に連絡する。
  3. 製作依頼設計図は三角法作図によるものとする。その際、見取図などの略図(フリーハンドでも可)を添えることが望ましい。

3.実験・実習等の教育利用の場合

  1. 講義の一環としての実験及び実習教育を行おうとするときは、各学期当初に当該学科よりセンター長に申請する。
  2. センター長は、運営委員会の議を経て、利用の可否を申請学科に連絡する。

4.計測室内測定機類利用の場合(学外利用者)

  1. 工作センター計測室内測定機類の利用を希望する学外者は、「測定機類利用申込書」をセンター長に提出する。
  2. センター長は、申請内容を検討した上で、利用の可否を申請者に連絡する。

 
   ※利用にあたっては利用状況の確認と予約が必要です。
    まずは工作センター(TEL:0538-45-0135)まで御連絡下さい。