建築学科 Department of Architecture

建築・都市・地域のスケールを横断した思考力と課題解決力を備えた技術者を育成する。

「建築学」の基本である「計画・意匠」、「環境・設備」、「構造」、「材料・施工」の各分野と関連した幅広い領域との繋がりをバランスよく学び、専門的な知識・技術へと発展させます。そして、静岡県を教材に建築・都市・地域のスケールを横断した思考力と課題解決力を備えた技術者を育成します。 また、一級建築士の取得を目指しての教育にも「力」を入れます。

分野・コースの案内

建築計画・意匠分野

優れた都市・建築をつくるため/評価するための計画論・意匠論的研究と建築デザインの実践を横断しながら学びます。

建築環境・設備分野

建築物に求められる省エネルギー性・快適性・安全性の最適解について、ひと、環境、計画、設備などの基礎知識から学んでいきます。さらに現場の温熱環境計測技術や、ビル制御システムのためのデータ解析、新たな空調機器の開発も行います。

建築構造分野

巨大地震のような災害に耐えられる建築物の構造性能や構造設計法の理解を深めます。また津波に対しても構造安全性を確保する建築物の設計法を学びます。今までになかったような構造の提案やその技術開発も行います。 具体的には構造実験や構造解析を通して、建築物を構成する部材の強度や剛性を良く理解し、研究を進めます。

建築材料・施工分野

主要構造材料である鋼材やコンクリートなどの力学特性を学ぶほか、建築物を現場で造 るのに必要な施工に関する知識や技術を幅広く学びます。

建築学科の特徴

建築に必要な「計画・意匠」「構造」「材料」「環境・設備」を学ぶ

建物は多くの技術をつなぎ合わせて造られていきます。この建物を造る行為には、デザインから最新のテクノロジーまで多くの分野の知識が必要です。そのため、本学科では、「建築計画・建築デザイン分野」「建築構造分野」「建築材料・施工分野」「建築環境・設備分野」の大きく分けて4つの分野を設けて全般的に幅広く学びます。

3年時にコースを選択して知識を深める

1・2年時は分野にとらわれず幅広く学び、目標の1つである建築士受験に必要な単位を全分野から取得します。3年生時に、「建築計画・建築デザイン分野」「建築構造分野」「建築材料・施工分野」「建築環境・設備分野」のいずれかに配属。各分野で建物を造る際に必要なより深い知識や技術を学びます。

建物自体が教材となる学科棟「えんつりー」

本学科の学科棟「えんつりー」は、静岡県の気候を活かした大きな軒下空間で、学生・教員・地域住民が出会う立体的な広場となります。内部は研究成果をもとに「ミックスラボ」として、壁を極力なくし、異なる領域同士の交流を促進する空間としてつくられています。建物自体が教材となるよう設計された「えんつりー」から新しい教育研究が生まれます。

建築学科メンバーの声 Student Voice

実用性を重視した設計が可能に
松﨑 彩里 さん
温熱や換気など室内環境の授業を受けてからは、機能性や快適性も考えながら設計の課題に落とし込めるようになってきました。

イメージで知る建築学科

将来の活躍

  • 設計事務所、工務店、行政(まちづくり)、鉄道・不動産などの設計・施工・計画・企画者
  • 建築関連企業における設計・施工・保守技術者
  • ビル運用の最適な規格、管理、活用する経営活動(ファシリティマネジメント)
  • 建物評価を行う公務員
  • ハウスメーカー・建築材料メーカーの開発者
  • コンクリートプラント等の様々な業種の技術者

主な就職先

鈴与建設/須山建設/中村組/石川建設/大河原建設/加和太建設/平井工業/遠鉄建設/日管/西松建設/ピーエス三菱/シミズビルライフケア/菱和設備/IR東海建設/東京鉄鋼/静岡市/焼津市/袋井市/本学大学院/ほか

資格・受験資格

  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 施工管理技士
  • インテリアプランナー
  • インテリアコーディネーター
  • 高等学校教諭一種免許状(工業)他

建築学科について