グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




その他


CW-NMRの制作

10MHz帯域のCW-NMRを制作しました。左図は、12.2MHzで測定した天然ゴムの1H-NMR信号です。
制作の詳細は、以下のPDFファイルを参照してください。

SEM-EDS(JSM-IT100, 日本電子)データのテキスト変換ソフト

JSM-IT100を用いて測定したEDSスペクトルをテキスト化するソフトを作成しました。
下記のリンクから、ダウンロードすることができます。
使用法は以下をご参照ください。
①EDStoTEXT.exeを実行する。
②EDStoTEXTボタンをクリックし、測定したデータ(拡張子.SP3)を選択する。
③測定したデータが格納されているフォルダに、テキストファイルが作成される。
 テキストファイルは、特性X線のエネルギー(keV)および強度(カウント)で構成される。

SEM-EDS(JSM-IT100, 日本電子)元素分布データのテキスト変換プログラム

JSM-IT100を用いて測定した元素分布(マッピング)データをテキスト化するプログラムを作成しました。
プログラムは、MATLABで動作します。
下記のリンクから、ダウンロードすることができます。
使用法は以下をご参照ください。
①MATLABで、EDSmap_conv.mを開く。
②columとrowにピクセル数、fileIDにファイル名(拡張子.map)を入力する。
③プログラムを実行する。テキスト変化したデータが変数matに格納される。

霧箱を用いた放射線の観察

 目に見えない放射線を観察するために、霧箱を制作しました。過飽和状態となったエタノール蒸気中をアルファ線が通過すると、アルファ線の電離作用によってエタノール分子がイオン化され、アルファ線の飛跡を観察することができます(左の図および動画を参照)。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。