学部・学科案内

建築学科 建築構造分野

TOP > 学部・学科案内 > 建築学科 建築構造分野

人命や財産などを、地震、津波、台風などから守るための建物の構造の基礎および応用知識を学習し、建物の設計や施工に活用できる技術や建築の構造面からの課題を解決できる能力を身につけることを目的とします。一級建築士、二級建築士、建築施工管理技士などの資格関連単位の取得も目指します。

耐震設計/構造部材性能評価/防災工学/鉄筋コンクリート構造/プレストレスコンクリート構造/新材料




 

 

<特徴>
実験・解析による建築物の構造設計に役立てる諸性能の把握
講義では力の流れから各種構造の構造設計まで様々なものを学び、自らが計算できる力量を身につけます。構造実験では様々な実験・解析を通して、自ら構造計算や分析をおこない部材の挙動・性能・損傷などについて実体験します。このことにより、構造関係の能力を身につけるとともに、将来的に実建物の構造設計や現場管理などに就業したときのー助となっていきます。



 

 

 

 

 
関連記事
トップページに戻る
資料請求 お問い合わせ アクセス 静岡理工科大学
Twitter Facebook Youtube Line SISTブログ
静岡理工科大学
〒437-8555 静岡県袋井市豊沢2200-2
TEL.0538-45-0115(入試広報推進課)
FAX.0538-45-0110
Copyright © Shizuoka Institute of Science and Technology. All Rights Reserved.
TOP